園のこだわり
2018年12月7日 金曜日

こんばんは、わくわく・のびのび・きらきらの下豊留です。

今日は、焼き芋大会の予定だったのですが、天候により延期になりました。
子どもたちも、朝から「今日は、焼き芋大会でしょ?」といっていたのですが、天気の話をしてから1月にすることを伝えると少ししょんぼり…
ですが、ある男の子は「よっしゃ~、でもおやつは芋だー」とおやつにお芋が食べられることを楽しみにしていました。

そして、『りんりんりん~~♪』おやつのベルが鳴ると…
のびのび・きらきらは「お芋だ~」と飛び起きて、急いでパジャマを脱ぐ姿がありました。わくわくは、眠たい目をこすりながらも一生懸命ベットから起き上がり、のび・きらが持っていたお芋も見て目をきらきらさせていました。

新聞紙の袋を一人ひとり手に持って、「どれにしよっかな~」と列にならぶ子どもたち!

s-IMG_7039 s-IMG_7038

 

s-IMG_7045 s-IMG_7028

ほんのり暖かい、お芋に触れて「見て~、まだあったかい!」食べるのが楽しみにしていました。

その後、みんなでいただきますの挨拶をして…

s-IMG_7078  s-IMG_7054 

大きな口で、がぶり!

「うまーい!」「甘くでおいしい^^」と友だち同士顔を見合わせては、にっこり!
美味しい物を食べるときの、子どもたちの笑顔を見ていると思わず私たちも笑顔になります。

やきいも大会は、残念ながら延期になりましたが、子どもたちの「おいしい!」の笑顔が見られてよかったです。
これからも、旬な食べ物をいただきながらこの冬を乗り切る元気を蓄えられたらと思いました。

カテゴリー: 園のこだわり
2018年12月6日 木曜日

こんにちは、はぐはぐ・るんるん組の町口です。

今日は最近あった嬉しかった出来事を紹介したいと思います。

最近るんるん組の女の子が、私を見つけては走って来て

「みこせんせいだいすきー!」と嬉しいことを言ってくれます。

ところがある日、私がその子を叱った時のことです。

いつもは「だいすきー!」と言ってくれるその子は、

叱られて悲しくなり「せんせいきらい」と言いました。

それを聞いていた男の子がすかさず私の所に来て、

「でも〇〇くんはせんせいのことすきだよ」と言ってくれたのです。

その男の子の優しさにとっても嬉しくなりましたが、

すぐその後にそれを見ていた女の子は

「ごめーんね、せんせいだいすきー!」と叱られて拗ねていた姿はどこへやら、

笑顔で私の所まできてくれました。

こんなに小さな子どもたちでも、こうして人を気遣ったり、

自分からちゃんと謝ることができるんだなぁ、と感動した一日でした。

もうすぐクリスマスがやってきますね。

こんなにいい子の子どもたちはきっとサンタさんが見守ってくれていると思います。

私も、子どもたちの成長を見守りながら、毎日楽しく子どもたちと過ごしていきたいと思います

カテゴリー: 園のこだわり
2018年12月5日 水曜日

療育チームの竹です。

先日、夕方の時間にきらきらの
子どもたちと過ごす時間が
がありました。

それまで、テラスで遊んでいた
わくわくさんと交代して
今から、きらきらさんが
遊ぶといいう時間でした。

いざテラスに出ると・・・
あれ?3人?
その日は少なかったのですが
男の子3人から、大きな声で
「バイクで遊びたい!!」
とリクエストがありました。

一人1台ずつのバイクは
ありましたが、それぞれで
遊ぶよりは、友達と一緒に
協力できたら・・・と私が
「バイクリレーしない?」
と提案すると、
「する~!!」
とノリ・ノリな子どもたち。

順番を自分たちで決めて、いざ
スタートすると、競う相手は
いなくとも、リレーというだけで
「がんばれ!!」
「速く、速く!」
大きな声で少し興奮ぎみな
様子に、すぐに仲間入りしして
きた2名を加えて途中から
5名でのリレーになりました。

5名全員がゴールし、時計での
大体のタイムを発表すると
みんなで「イェ~イ」と
跳びあがって万歳しながら
また、やりたいとリクエストが
あったので私から

「ゴールして、お友達にバイク
を渡す時にどうしたらいいかな」

「どうしたら、今のタイムよりも
速くなるかな?」
と話をして2回目のリレーを
始めました。すると・・・

ゴールしてすぐに、バイクから
降りるだけだった子どもたちが
くるりとバイクの向きを変えて
友達に丁寧にバイクを渡したり
ゴールの直前に、後ろ向きに
なりバックで進んで友達と
交代するなど、自分で考えて
試す姿がありました

自分たちで「またやりたい」
「もっと速くゴールしたい」
と思ったからこそ、自分で
試す姿がとても頼もしい
きらきらさんでした。

子どもたちに質問されたり
大人がこうしてほいいと
思う時に、ついつい答えや
してほしいことをそのまま
言ってしまいますが、
子どもが自分で考え、決めて
試したり、調べたりすることが
できるようなサポートを常に
心がけたいと思うきっかけを
きらきらさんにもらいました。

カテゴリー: 園のこだわり
2018年12月4日 火曜日

ぐんぐん組の永仮です。

少しずつ子ども同士の関わりが増えてきたぐんぐん組。

今日の朝、テラスでお友だちに押されて転んでしまったNくん。

その場面を見ていたKくんが「Nくんが倒れた~!抱っこしてあげないと~!」と

駆け寄って行きました。

どうするんだろ?と見ていると、Nくんを必死にお姫様抱っこして職員のところへつれて来ようとしていました。

その姿を見て、相手は男の子ですが「ちびっこ王子様」に見えました♡

ですがなかなかお姫様抱っこが出来ず困っていたKくんに気付き、

助けに来てくれたHちゃん。

ふたりでかついで来ようとしましたが、あえなく失敗…

結局Nくんに手を貸して立たせてあげ、保育者のところに連れてきてくれました。

朝からぐんぐん組さんの優しさに触れ、ほっこりした日でした。

カテゴリー: 園のこだわり
2018年11月30日 金曜日

療育チームの東村です

 こども園のシンボルツリー銀杏

今年は残念ながら夏の猛暑や台風の影響か

いつもの年に比べると色鮮やかではないですが

秋の存在をしっかり伝えてくれています。

IMG_5938

 

もうひとつのこども園のシンボル

開園から毎朝、皆を出迎えてくれていた門入り口の柿の木

若葉で初夏の訪れを知らせてくれ

赤い柿の実で秋を感じさせてくれましたが

この度の外構工事に伴いこの柿の木とお別れすることになりました。

熟した柿が頭上に落ちてこないかと心配したり、野鳥のご馳走になった柿 

季節の移り変わりをこの柿の木から感じる事ができました。

 

 園庭の木々には色んな想いが・・・

小さな鉢植えから大きくなった真っ赤なハイビスカス

ほのかな匂いを届けてくれる金木犀

赤、白、ピンクなどの山茶花は

卒園記念樹という事で旧園舎から新園舎と大切に育てられてきました。

その山茶花ともお別れ

最後の日に理事長先生が咲いている山茶花を

丁寧に摘み取り花束にして職員室のテーブルの上に飾って下さり

山茶花への想いが伝わってきました。

こども達のままごとのケーキに添えられたり、ランチテーブルに飾られたりと

心を癒してくれた山茶花さん ありがとう

山茶花   IMG_5935

 

そして

園庭の隅にあった大きなクスノキがドカ~ンと園庭の中央に引っ越ししてきました。

夏の暑い日、涼しい風を運んでくれたり木陰をつくってくれる事でしょう

爽やかな風を受けながら遊ぶこども達を想像しただけでワクワクします。

 

外構工事でリニューアルする園庭の木々

四季折々の草花や木々を通して自然の風や空気、匂いを感じながら五感が育って欲しいと思います。

カテゴリー: 園のこだわり