園のこだわり
2013年2月28日 木曜日

一昨日の食事の時間に、

私の周りでいろんな事がありました。

 

Nちゃんがお友だちと喧嘩をして気分を損ねてしまい、
食事も食べずにベッドに横になってしまった時のこと。
その場面にいたわけでもないH君が気付いて
「せんせい、Nちゃんは?」
「先に寝ちゃった・・ご飯まだ食べていないんだけどね。」と言うと、
「大丈夫かな?どうしたのかな?」と、
ずっと気にしてご飯を食べていました。
近くで聞いていたR君は「なんでー?」
と何回も私に聞いてきました。
しばらくしてNちゃんが帰ってくると、二人はほっとした表情で
「よかった(^^)」「きたねー!!」と言っていました。

そうやってほんわかした雰囲気の中、
今度はどこかで「コン!カタン!」と音がしました。
見てみるとS君がお皿を落としてしまいました。
「あちゃー・・・」と困った表情をしていたS君を見ていると、
なんとも素早い動きで誰かがお皿を拾い、
さっとS君のテーブルに置きました。
それは反対側のテーブルに座っていたT君。
わざわざ席を立って拾ってあげたT君は、
振り返りもせず何事もなかったかのようにまた食べ始めました。

 

2歳児のお部屋に移行して1か月が過ぎようとしていますが、
子どもたちが少しお兄ちゃんお姉ちゃんになったように感じています。
今まで見られなかった関わり方や言葉のやり取りが繰り出される様子から、
お友だちの存在が大きくなってきたのかなと思います。
自我が強くなり、ぶつかってしまうことも沢山あるけれど、
みんなはしっかり繋がっていて、仲間なんだなと思った日でした。

るんるん・はぐはぐ組 栗野

 

カテゴリー: 園のこだわり
2013年2月27日 水曜日

生活するお部屋が変わって1か月が過ぎようとしています。
今まで、ほとんど同じ年齢同士で関わることが多かったぐんぐんさんでしたが、
お部屋が移行してからは、わくわくさん・のびのびさんとの関わりが少しずつ増えてきました。

 

わくわくさん・のびのびさんといっしょにとても楽しそうに遊んでいます。
ゲームコーナーには今までなかったオセロやトランプ・ジェンガなどがあります。
わくわくさん・のびのびさんが遊ぶ様子を見て遊んだりしています。
まだ、ルールはしっかりと理解できていませんが、なぜかぐんぐんさん同士でゲームをすると
独自のルールが成立しているようです(笑)

 

また、生活の中でぐんぐんさんがわくわくさん・のびのびさんに注意をしている姿が見られます。
「お部屋走ったらいけないんだよ!」「ご飯粒まだついてるよ!」
こんな言葉をかけられた、わくわくさん・のびのびさんはどきっ!という表情をしています。
そんな関わりを見ていると思わず笑ってしまいますヽ(´▽`)/
そのうち、先生たちにも「○○じゃないよ!」とか「○○だよ!」と言って来る日も近いのかもしれません(笑)

 

でも、自分のことだけではなく周りの人や物に興味を持ったり、思ったことや感じたことを
しっかりと自分の言葉で伝えられるようになったという成長の1つだと感じています。
このように、日々の生活を通して新しい子どもたちの成長を見つけていきたいと思います♪

ぐんぐん組 柿内

カテゴリー: 園のこだわり
2013年2月26日 火曜日

毎朝、保育園へ歩いて出勤していると

私の前を歩く人、走りながらすれ違って行く人など・・さまざまです。

 

 

ある朝、前から小学生が2人歩いてきました。

何気なくすれ違うその時

『おはようございますっ』とあいさつをしてくれました(*^_^*)

 

 

急な事でびっくりしましたが、私もとっさに

『おはようございます。いってらっしゃい、ありがとう!』

と、何故かお礼まで言ってしまいました(笑)

 

 

小さな子ども達から見知らぬ私へ

気持ちの良いあいさつをもらったと同時に

元気までもらえた気がして

つい、ありがとうと言ってしまったのだと思います。

 

 

年始に、新年を迎えるにあたり

気持ちの良いあいさつで一日を始めなくては!!

と、思っていた私の初心を思い出させてもらった朝でした。

 

 

人からあいさつをされて

嫌な気持ちになる人はいないと思うし

朝の気持ちの良いあいさつは

その日一日の過ごし方にも影響される気がします。

 

 

しらゆき保育園の子ども達にも

自分から率先して

まわりの人にあいさつができるようになってもらいたい!

と願いつつ

忙しい朝にこそ、子ども達にも

たくさん声かけをしていきたいと思います(^^♪

 

お食事チーム  田中

カテゴリー: 園のこだわり
2013年2月25日 月曜日

2月の園だよりと共にお配りした
『島田 ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展』の手紙。
例の仲間『紙折り機』様さまに折ってもらいながら私はこれを読む。
そして大好きな『バムとケロ』の絵本原画展に
絶対行こうと即決で決めたのでした。

先週の、のびのび組さんの絵本貸出日で
早速『絵本原画展』に行ってきたという子どもがいて
とても楽しかったことを聞き、 さらに私は期待が高まりました。

 

待ちに待った休日。
後輩のS先生と一緒にメルヘン館へ行ってきました。(^-^)

 

入場料600円を払い、いざ絵本の世界にとびこむと
そこにはあの絵本で見ていた絵の原画がたくさん。

 

S先生と大興奮の中、原画とそこに書かれていた
見出しをじっくり見ていきました。

 

『島田 ゆか』さんの絵本の魅力は
なんといっても細かい背景とその展開。

例えば・・・
『バムとケロのにちようび』で言えば
お家の中に飾られている絵が
『ケロちゃんが浮き輪をつけて泳いでいて
遠くにサメらしきものが見えている』シーンだったのが、


『だんだんサメらしきものがケロちゃんに近づいてくる』
シーンに変わり、


最後のページでは
『ついに、ケロちゃんサメに追いかけられる!と思ったら
サメではなく実はペンギンだった!』というオチのシーンの絵。

 

また『うちにかえったガラゴ』では
ガラゴのお家のお風呂がカバンの形だったり・・・

それから更なる魅力は、脇役のキャラクターたち。
小さな小さな犬?のヤメピは、
ケロちゃんの近くで真似っこして遊ぶのが好きで
必ず近くでチョロチョロしている名脇役 。
その他にも、
3本耳の小さなうさぎが「おじぎ」ちゃん
しましま模様のヘビは「しましま」
星を見るのが大好きなあひるは「かい」ちゃん
木の帽子をかぶった小さな犬(ヤメピとよく似ている)は「いま」ちゃん
ピーナッツの服を着ているラッコは「らく」ちゃん
頭がリンゴのネズミが「ぷるど」ちゃん
頬の中にクルミや手鏡を入れて売っているリスが「とら」ちゃん
最新刊の『バムケロの森の小屋』に出てくる
双子のヤモリの 緑が「ヤモ」でオレンジが「ゲッコ」
いつも泣いているぶよぶよの子犬が「ぶー」ちゃん
アリクイ?が「ソレ」ちゃん
『バムケロのおかいもの』で食器を売っている
お店の 白いねこ?うさぎ?が「こみみ」さんといった感じです。

余談ですが、どうしてもこみみさんの帽子を取った所を
今回見ることができず、 耳がどうなっているかは謎に終わりました。
知っている方は、教えてください。( ´△`)

 

とにかくアンパンマンに並ぶ?登場人物の多さと楽しさに
いつも間にか1時間以上たっていました。

 

・・・と、ここまで『島田 ゆか』さん押しできましたが
今回は『ユリア・ヴォリ』さんの絵本にも初めて出会いました。
ちょっと哲学的な『ぶた』が主人公の北欧フィンランドの人気絵本。
こちらも大人が楽しめる絵本で
すっかり『ぶた』のファンにもなってきました。(≧∇≦)/

 

その楽しさを載せようと思ったのですが
館内撮影は残念ながら禁止で
出口でしか撮影出来ませんでした。(T_T)

長々とお伝えしましたが、メルヘン館にはまだまだ楽しい場所がたくさんあります。

トリックアートの世界では、私たち二人は
『モデル』と『林家ペー・パー子』に交代でなりながら
写真を撮りまくったり、
『ふしぎな鏡』で子どもがいなくなった隙には遊びまくって
ここでも1時間(((o(*゚▽゚*)o)))。
いい大人がはしゃぐといい汗かきます(笑)

 

自然で遊ぶのも楽しいけれど
時にはメルヘン館に足を運んでみてはいかがでしょうか・・・
とメルヘン館とバムとケロの宣伝?を
存分にさせてもらった私なのでした。

フリー 有村

カテゴリー: 園のこだわり
2013年2月22日 金曜日

2月8日(金)に、きらきら月グループ
2月22日(金)に、きらきら太陽グループ
が、カレー作りをしました。

前日に、コープ東谷山店に行き
・にんじん ・たまねぎ ・じゃがいも ・ミニトマト
・豚肉 ・鶏肉 ・ウインナ― ・カレールウ
を2~3人のグループに分かれ、一種類のものを買いました。

コープに着くと、自分の買うものを探しに一目散!
「たまねぎあった~!」
「にんじんこれであってる(数)?」

「豚肉って知ってる?」
「知ってるけど忘れた(;´д`)」
お店の人に
「豚肉どこにある?」
と自分たちで尋ねる姿も。

レジでは緊張した様子で、お財布からお金を出し
「りょうしゅうしょください」
と、やり取りをし、買い物を終えると“ホッ”とした表情でした。

カレー作りでは、3グループに分かれ
ポークカレー、チキンカレー、ウインナーカレーを作りました。

野菜切りは、見ている方がひやひやしましたが子どもたちは
「お家でもお手伝いするよ!」
「たまねぎ目が痛い」
「じゃがいも固い」
「たのしいヽ(・∀・)ノ♪」
とわいわい話をしながらどんどん切っていました。

途中、保育園で育て収穫した大根を使っての大根サラダ作りでは、
味見をしたらとてもおいしかったようで、
何回も何回も味見をしていました。
もはや味見ではなくつまみ食いになっていました(^_^;)

野菜、お肉を炒めいい匂いがしてくると
「早く食べた~い!!」
と、待ちきれない様子。

カレーのルウを入れるとさらにいい匂い♡
隠し味にスキムミルク、ウィスターソース、しょうゆを入れると
「え~!ミルク入れるの!!(゚o゚;;」
と、びっくりしていました。
保育園のカレーには隠し味にスキムミルクが入っているのです。

1時間半かけて作ったカレーの出来上がり!
自分たちで作ったカレーは格別で
「おいしい!おいしい!」
と言って食べていましたよ。
いちばん食べた子で5杯おかわりをして食べていました。

買い物、クッキングと子どもたちの顔はとてもいきいきしていて、
「たのしい♪」
「お家でも作りたい!」
と話していました。
家庭でお時間があるときにお子さんとぜひ、
クッキングをされてみてはいかかですか。(*^_^*)

月グループ  畠中

カテゴリー: 園のこだわり