園のこだわり
2013年8月30日 金曜日

8月29日、2回目のスペシャルオープン保育が行われました。

たくさんの学生さんたちに参加して頂き、

とても楽しく、充実した時間を過ごすことができました☆彡

 

2回目とはいえど、私も最初から最後までドキドキしっぱなしで

あっという間の一日でした(^^;)

 

 

その中で、最後に交流会があったのですが、

一日の感想や、どうして保育士や幼稚園教諭を目指そうと思ったのかなど

いろいろな話をしました。

 

学生さんたちの意見を聞くなかで、

 

「泣いていた子を自分が抱っこすることで

泣きやんだのが嬉しかった」

 

「子どもが好きで、自分に何かできることはないか、

そう考えた時に目指そうと思った」

 

という意見がありました。

 

そうそう!そうだったよなあ!!と

思わず頷いてしまいました。

 

 

子どもとお話をしたり、おむつを替えたり、

泣いている子を抱っこしたり・・・

 

そんなことが毎日の当たり前になっている私は

 

子どもがただただ大好きで、

「あぁー早く保育士になって、たくさんの子どもたちのお世話をしたいなあ・・・」

と考えていた学生の頃の自分をふと思い出しました。

(とはいえ、たった5ヵ月前程前の話ですが・・・(笑))

 

嵐のように過ぎ去っていく毎日のなかで

たくさんの子どもたちに囲まれ、

「せんせー!!」「しぇっしぇー!!」と呼んでもらう

この日常があることに改めて感謝しようと思いました(@^^@)♡♡

 

 

話はそれてしまいましたが、

学生さんの数だけ、いろいろな夢・エピソードがあり、

聞いていてとても楽しく、感心してしまうお話ばかりで

素敵な時間でした(^0^)

 

はぐはぐ・るんるん組 佐多

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2013年8月29日 木曜日

今週は2回に分けて洗濯あそびをしました。

子どもたちに「洗濯お手伝いしてくれる?」と聞くと
目をキラキラさせながら「する!する!」と言ってくれました。

ハンカチを温水の中で「ごしごし」と言いながら一生懸命手洗いする子どもたち。


       

 

洗い終わったハンカチを、おにぎりをにぎるようにぎゅっぎゅっと絞る子もいれば、
手首を使って雑巾絞りに挑戦する子も!!
ここでも、子どもたちの成長・発達を知ることができました♪

 

       

 

ハンカチを干す時は、ぱんぱんと広げて干す子もいれば、
水が滴るハンカチをそのまま干す子もいました(笑)
また、干す時に「お家でもしてるんだ!」「ママみたいに干すね」
「あのね、パパのパンツは嫌なんだ」など様々な会話が聞こえてきて面白かったです。

    


ぐんぐん組の子どもたちは、誰が保育者のお手伝いをするか
取り合いになるくらいお手伝いが大好きです!!
お願いすると最後まで、しっかりとしてくれます。
きっと、思っている以上に子どもたちは出来る事がたくさんありますよ!!
是非、ご家庭でもお手伝いをお願いしてみてください(*゚▽゚*)

 

                                           ぐんぐん組 柿内

 

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2013年8月28日 水曜日

8月10日、50歳を前に

高校時代の同窓会があり出席しました。

私の高校は女子高で

「保育科」があり、40名が3年間一緒に学びました。

中には32年ぶりに会う人もいました。

32年と言えば長~い月日を感じますが、

会って見れば、すぐにその時代にタイムスリップ!

私と同じく保育士を続けている友だちもいれば、

看護師、介護士、OL、主婦などいろいろ。

「みんな、頑張っているんだな~!」

私も頑張らなくちゃ!と元気をもらいました。

 

時の経つのは早いもの。

高校の時から、将来の夢に向かって頑張っていたあの頃。

32年なんて、あっという間でした。

今振り返れば、高校を出て短大へと進学し、

幼稚園に4年勤めて結婚しました。

その後3人の子どもに恵まれ、子育てに必死でした。

その子どもたちも、一番下の子が今年成人となります。

そして今、自分の子どもたちが

悩んでいたあの頃の私と重なっています。

先が見えない不安や希望を胸に悩んでいます。

でも大丈夫!どうにかなるものと励ます日々です。

 

保育園の保護者の方、

今、子育てと仕事で大変でしょうが、

その時、その時を大切に楽しんでください。

いつか振り返ったときに、

コレでよかったと思えるときが来ると信じて、

みんなで、がんばりましょう!

月グループ  青 屋

カテゴリー: 園のこだわり
2013年8月27日 火曜日

ある日のおやつの時間
おやつを食べ終わって片付けをしているとわくわく組のKちゃんが
みんなが使った何枚かのトレーをリフトまで運ぶのを手伝ってくれました。

 

「Kちゃん、ありがとう。力持ちだね!」
というとKちゃんは
片方の手で手のひらを握りこぶしにしてひじを曲げた力持ちポーズを作り
もう片方の手で上腕を触りながら
「ほら!Kの筋肉かたいんだよ!触ってみて!」
と教えてくれました。
でもその腕は誰が見ても
子どもらしいぷにぷにしたかわいい腕です(^^;)
「そうなの~?どこどこ?」
と言いながら親指と人差し指でやさしくつまむように触ってみると
見た目のイメージ通りぷにぷにしていました(*^^*)笑
「Kちゃんの腕やわらかくてきもちいいよ!」
と言うとKちゃんは
「そうやって触るんじゃなくて、こうやって触るの!」
と言って腕を人差し指と中指で抑えるように触りました。
「ほんとだ!さっきより腕が固いね!筋肉あるんだ~!」と言うと
「違うよ!これは骨があるから固いんだよ!」
.....(゜o゜)筋肉の話じゃなかったのかな?!
と心のなかで思いながら
Kちゃんとの会話に笑ってしまいました\(^o^)/
そして腕のかたさの話から
筋肉や骨のことまで話が広がることにもびっくりでした!

 

こんなに素直で感性豊かなおもしろいお話をしてくれる子どもって
ほんとにすごいな!と思いました。
子どもは周りを笑顔にしてくれる達人です(^^)♡

 

 

お食事チーム  田畑

カテゴリー: 園のこだわり
2013年8月26日 月曜日

保育園には、年間多くの実習生が来園します。

中学生や高校生の職場体験・インターンシップ
看護学生、医大生の実習
栄養士を目指す学生の給食管理実習
そして保育者を目指す学生の保育実習。

たくさんのお兄さんお姉さん先生とふれあう子どもたち。
どの出会いも大切な出会いであり
その一つひとつを丁寧に対応する職員。

今は、保育実習Ⅱで3名の学生が来園しています
今年2月に保育実習Ⅰをしらゆきで過ごした3名です。

前回は、様々な年齢の子どもたちを知ることをメインに
いろんなクラス(チーム)に入ってじっくり観察、
そして、保育園の一日(7:00~19:00)を知るために
早番から延長まで色んなシフトを体験する、
といった2週間でした。

今回は、きまったクラスを中心に、
より実践的な保育を体験する2週間です。

実習中、子どもたちをじっくりみつめていると
色んな発見があるようです。
毎日提出される「実習日誌」には
とても細かく子どもたちの姿や保育者の様子
そして留意点が記されています。

その実習日誌を細かく丁寧に目を通し
質問に答えたり、アドバイスしたりするのは
現場の職員です。

この回答やコメントには本当に感動します。

日々の保育に加えての作業には
頭も時間も相当使っていることと思います。

けれど、心のこもった一言ひとことには
子どもたちへの愛情、そして何より
これから保育者を目指す学生へのエールが感じられます。

職員の言葉には
保育者であることの重みと同時に
子どもと共にあることの尊さがあふれています。

いつか、3名の学生が現場に出て
子どもたちと共に過ごすようになったとき
このしらゆきでの4週間が
とても良い時間であったと振り返ってもらえる日がきて
その先、また次の人へと、この想いがつながっていく日がくれば
何よりうれしいです。

副園長 原田

カテゴリー: 理念ブログ