園のこだわり
2014年1月31日 金曜日

今日も元気にはぐはぐ・るんるんルームで遊んでいる子どもたち。

ままごとしたり、絵本を見たりしている中
布製のバッグを振り回して楽しそうにしている
数名の子。耳を澄ますとそこはイオンみたいです。
「お買い物ごっこだ~。」「だれがお母さんなんだろう。」

ワクワクして見ていると「あっ!」
エキサイトしてきたヽ(´▽`)/ 振りが大きくなってきたぞ!

そろそろ誰かにぶつかるかな・・・
ちょっと仕掛けてみることにしました。
しらんぷり~をしながら近づくと

「ばしっ!!」
見事、私の足にぶつかりました。

演技力に関しては自信があるので
「いたい。」と言って座り込もうとした瞬間
「ごめんね。」と私の首に手を回して謝ってきた
その男の子の目は、本当にすまなさそうでした。
いや・・先生こそわざとだから・・と心で思い
「ううん!大丈夫。でも、お友だちにぶつかったら
痛いから気をつけてね。」

「うんヽ(´▽`)/」

そう言って男の子は、みんなの所へ
戻って行きました。

なんだかすごいな!!

とっさに謝れるってすごいな。

 

今朝、通勤途中ラサールの子が走ってきて私に
ぶつかりそうになりました。
「あっ!すみません!」とその子はお辞儀をして
走り去りました。

「いいな~。」気持ちがいいな。
きっとうちのクラスのあの子もこんな風に
大きくなるんだろうな。

今日はそんな温かい気持ちで仕事を始めました(^O^)

はぐ・るん    塩崎

カテゴリー: 園のこだわり
2014年1月30日 木曜日

先日、おやつの時に煮豆の配膳していると、

のびのび組のYちゃんの番がやってきました。

「いっぱいですか?ちょっとですか?」と聞くと、

Yちゃんは煮豆が苦手なようで「ちょっと…」とのこと。

そこで私は、ちょっとの煮豆がのったお皿をYちゃんに渡しました。

すると、お皿を受け取る前にYちゃんは「やっぱりいっぱいにする!」と言い直しました。

煮豆は苦手そうだけど大丈夫かなぁ?と思い、「いっぱい食べられる?大丈夫?」と私が聞くと、

「なんか今日はいっぱい食べられる気がする!!」とYちゃんは答えました。

いただきますをしたあと、ちょっとにがにがしい顔をしながらも、

一生懸命煮豆を食べているYちゃんを発見!

「Yちゃん大丈夫?」と聞くと、近くにいたのびのび組のお友達が

「Yちゃんはね、煮豆苦手だけどね、頑張って食べているんだよ!」と教えてくれました。

そして、そのあとYちゃんは全部きれいに食べ終わったのです!

 

苦手な食べ物は誰にでもありますが、頑張って挑戦したYちゃんは、

本当にすごいなぁ!かっこいいなぁ!と感心した出来事でした。

 

お食事チーム 鶴田

カテゴリー: 園のこだわり
2014年1月29日 水曜日

先日、名前当てゲームをしました。
カードに名前を書き、自分の名前が書いてあるカードを取るという
かるたのような遊びです。

何人の子が自分の名前の形を分かっているのか、ゲームをしながら
わくわく・ドキドキしました!!
分かっても5名くらいかなと思っていましたが実際はその倍の10名の子が
自分の名前の形を分かっていました!!
すごいなぁ!!と驚きましたが・・・

更に驚きがありました。
名前が分かっていた10名のうち3名がお友達の名前も分かっていたのです!!
これには、私たち保育者も驚きが隠せず「すごい!すごい!」と声を大にしてしまいました♪

すごい才能を持った3名だと、子どもたちの新たな特技を発見できて嬉しかったですヽ(*´∀`)ノ

 

来週から、いよいよ345歳児の保育室での生活が始まります。
顔写真と名前表記だったものが、少しずつ名前のみの表記へと変わっていきます。
少しずつでも自分の名前の形を覚えていけたらいいなと思っているので繰り返し
名前当てゲームを行っていきたいと思います。

ぐんぐん組の子どもたちの中で、もうすぐわくわく組になるという意識が強くなってきています。
その姿は、行動にもしっかりと現れています!!
朝や帰りのお仕度を自分でしたり、抱っこで来ていた子が歩いて登園してきたり・・・
ここ数日ですごい成長を感じています!

来週からは、保育室も移行することで子どもたちの中でのモチベーションも上がり、
更に成長した姿を見せてくれるのだろうと楽しみにしています。

ぐんぐん組 (柿内)

カテゴリー: 園のこだわり
2014年1月27日 月曜日

今月の初めに、何故かドキドキ・ハラハラしてしまう指導監査がありました。
当日、予定より10分早く担当の方3名が来園されました。
大きな指摘を受けることなく終了しました。ほっと一安心でした。

担当の皆さんとお話しさせて頂いた中で、
給食のごはんに雑穀が多く使用されていることに驚きましたとの事で、
子どもたちはいいですね。小さい時から色んな雑穀米を食べることができ幸せですね。

子どもたちのことを一番に考え、色々な取り組みをされているんですね。
また機会があれば来たいと思いますとのお話をして頂きました。
うれしい気持ちで一杯になりました。

 

事務:向

カテゴリー: 園のこだわり
2014年1月24日 金曜日

2014年元日、初めて開聞岳に登りました。

開聞岳は、標高924mできれいな円錐の形をしており、
日本百名山にも指定されています。薩摩富士とも呼ばれ
まさに南薩摩のシンボルです。
楽しい大晦日の夜更かしもそこそこに早めの就寝を一応し、
某有名メーカーの〇ニクロのヒートテックを6枚着込み、
ホッカイロを2つ貼り、頭にはヘッドライト、手には軍手を身に着け
明け方の4時から、さぁ出発です!!

 

人がやっと一人通れるくらいの狭い所、滑るじゃり道、足を大きく上げなければ
登れない岩、崖の横をロープを持って渡る…など、運動不足な私は、はじめ
登ることを後悔してしまったくらい、なかなか過酷な山登りでした。

休憩しながら3時間。なんとか登ることができた時には、
まずガッツポーズ!!!!ができないくらいへとへとでした。

しかし、ボロボロな私に『しらゆき保育園の先生ですよね?』
と声をかけてくださる方が…。

なんと、以前受け持った子のお父さんとお兄ちゃんだったのです。
こんな所で会うなんて!!という感動と声をかけてくれたことに
とっても嬉しくなりました。

高い所で見る初日の出はとってもきれいなピンク色で、
今年も良いことがあるように一生懸命祈願しました(笑)

山登りの醍醐味はなんといっても登った時の達成感!!
もありますが、全く見ず知らずの人とすれ違う時に
交わす挨拶の心地良さもあることを初めて知り、
とっても得した気分になりました。

 

頴娃の方言で『1度(いっど)登いばか、2度登いばか』
という言葉があります。

意味は、登ったらすばらしいことがたくさんあるのに
1度も登らないのはばかだ!!
あんなにきつい思いをして二度も登るのもばかだ!と
言われているそうです。

ぜひ、いつかお子さんと登られてみてはいかがでしょうか?

はぐ・るん 鶴留

カテゴリー: 園のこだわり