園のこだわり
2014年4月30日 水曜日

保育士になって初めての赤ちゃん組さん♪
2年間3.4.5.歳児の担任だったので
どんな風に声を掛けていいのか
お集まりはどうやったら興味を持ってくれるのかなど
何をするにも緊張していました。
でも私の心配は全然いらなくて
言葉が通じなくても身振り手振りで伝えれば
分かってくれて・・・
大人が一生懸命心から楽しんで遊べば
一緒に笑ってくれて(^_^)♡

笑った分たくさん甘えてくれる
はぐ・るん組さん(*^。^*)♪

これからも子どもと真剣に関わって
いっぱい遊んでいっぱい笑って
楽しい保育をしていきたいと思います(^o^)

はぐはぐ・るんるん
みかんグループ 塩屋

 

カテゴリー: 園のこだわり
2014年4月28日 月曜日

私事ですが、保育園に勤務するため

車通勤しています。

3月までお借りしていた駐車場閉鎖に伴い

4月から「生駒病院」の近くに新たにお借りしました。

 

実はこの付近は、私が新婚で入居し

3人の子どもを出産し暮らしていた

マンションがある懐かしい思い出の地でもあります。

園からは少し離れていますが、園までの道のりの中

いろいろな建物や景色を歩きながら見るたび、

子育てに奮闘してた頃の若かった私と

幼かった我が3人の子どもたちを思い出します。

 

そして何より近くにあった「塩釜神社」に

子どもと共にお参りしていたことを思い出し、

今では毎朝、その神社にお参りしてくるのが

日課になっています。

「今日一日みんなが元気で楽しく過ごせますように!」

と家族と保育園の子どもたちのことを思いお祈りしています。

今後も、その日出会うすべて人を思い

お祈りを続けていきたいと思います。

 

ただ、お賽銭をあげていないので

神様に願いが届くかが心配ですが・・・。

3,4,5歳月グループ   青 屋

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2014年4月27日 日曜日

4月23日(水)に、園児が一時行方不明になった件では、

当事者の園児、保護者様、ご親族の皆様、知人の方々、

そして、しらゆき保育園の全園児と保護者の皆々様には

たくさんのご心労を与えてしまい誠に申し訳ございません。

心より深くお詫び申し上げます。

 

これまでの保護者の皆様の信頼を一気に無くす事態になったことは、

全て私共の不徳の致すところです。

今回のことを真摯に受け止め、今後は

全職員で信頼を取り戻せるよう取り組んで参ります。

 

また26日(土)には、保護者の皆様の

ご協力をいただき誠にありがとうございました。

今回の件について再々度話し合い

心をひとつにすることができました。

ご協力に感謝いたします。

 

また、『見守る保育』についての研修を、

竹之迫保育園・おひさま保育園の先生方と

合同で行うこともできました。

 

これからも、しらゆき保育園全ての子どもたちが

「保育園に来て楽しい」と思えるように…

また、一人ひとりが輝き

「この保育園で良かった」と満足し、

自信を持って卒園していけるように…

そして、保護者の皆様にも同様の気持ちを抱いていただけるよう

努めていきたいと強く思っております。

どうぞ、これからのしらゆき保育園を

今後ともよろしくお願いいたします。

 

園長 原田真弓
職員一同

カテゴリー: 理念ブログ
2014年4月25日 金曜日

普段、厨房の中にいる私ですが、
厨房の中からしか見られない子どもたちの姿を毎日見ることができます☆

例えば、はぐるんのお部屋側の窓。
朝、わくのびきらの子どもたちが
「おはようございまーす!人数を言いに来ました!」と元気よく伝えに来てくれます。
そして、はぐるんの子どもたちに手をふると、
不思議そうな顔で見つめられたり…時には手を振りかえしてくれる子もいます。

次に、玄関の正面にある窓。
登園、降園する子どもたちの姿や、
おうちの人と一緒に飾ってある雑穀類を眺めている姿もよく見かけます。
窓を叩いて、見にきたことを知らせてくれる元気な子どもたちもたーくさんいます!

最後に2階の保育室から見える窓。
私たちが野菜を切ったり、サラダを混ぜたりしていると
「そのお野菜なぁに?」「今日のごはんは?」と声は聞こえませんが、
上から覗いている子どもたちが話しかけてきてくれます。
厨房から見える窓は3つありますが、どの窓からも、
子どもたちが食事を楽しみにしていてくれたり、
興味をもっていてくれている気持ちが伝わってきます
これからも子どもたちの笑顔が見れるように、
おいしい食事を厨房から届けたいです。

 

お食事チーム 鶴田

カテゴリー: 園のこだわり
2014年4月24日 木曜日

今年度、345歳児担当になりました。
しらゆき保育園に来てからの5年間
未満児を担当させて頂いていたので
「大丈夫かなぁ、私・・・(笑)」
と不安に思うこともしばしばありました。

4月が始まり、早くも1か月が経とうとしている今
強く思うことは・・・
『一日が濃ゆい』です。
次から次に、色々な出来事が起こります。

食事前にお集まりをしていた時のこと。
『知っている魚の名前を言ってみよう!!』となり
「ハーイ!!」と元気よく手を挙げる子どもたち。

「マグロ!!」「サンマ!!」「サバ!!」と次々に出てくる中
私が、『お寿司屋さんや水族館』をヒントに出すと
「イカ!!」「タコ!!」「ワニ!!」
と少々ずれてしまう発言も(笑)

そして、
「カジキマグロ!!」「キビナゴ!!」「サメ!!」という
感心させられる発言も♪

子どもたちとのやりとりがとても楽しく
子どもたちのことをもっと知りたいと思う日々です。

子どもたちは仲間意識が強く、相手にも興味津々で、
自分の気持ちを分かってほしくて
ぶつかり合ってしまうこともよくあります。

お互いが納得して、きれいに終われることばかりではありませんが
そういう悔しい思いをすることや
気持ちを伝えて伝えられて・・・の過程が
今の子どもたちには大切なのだろうなと思います。

『子どもとは・・・』を改めて考えていける
濃ゆい一年になりそうです!!
時には、「ふぅ・・・」と
一息ついてしまうこともありますが(笑)
チームの先生と力を合わせて一年を楽しく
過ごせていけたらと思います♡(*^_^*)

わく・のび・きらフリー 遠藤

カテゴリー: 園のこだわり