理念ブログ
2014年12月31日 水曜日

まもなく2014年を終えようとしています。

今年度は「四季~季節を楽しむ~」をテーマに

春夏秋そして冬と、それぞれの季節を楽しんできました。

季節を感じる制作活動では、

0歳から6歳までの異年齢の関わりを意識した保育の取り組みから

今まで以上に子どもたちの心の成長を感じたり

その環境を準備する職員の、

小さなチーム力から園全体の大きなチーム力の充実を感じました。

さらに、日々の保育の充実は、季節のさまざまな行事における

子どもたちの姿にもつながっていることを、改めて強く感じた年でした。

子どもも大人も日々の体験・経験が明日の自分につながっている

だからこそ、今のこの時間がとても大切なのだと思っています。

 

子どもたちも私たち大人も、今年一年泣いたり笑ったり、色んなことがありました。

その時々を大切に向き合い、たくましく乗り越えてこられたのは

いつも一人ではなく共感できる誰かと一緒だったからです。

子どもたち、保護者の皆さま、関係者の皆さま、職員の皆さん

2014年も大変お世話になり誠にありがとうございました。

 

迎えます2015年も、皆さんと共に、

より楽しいしらゆき保育園を創造していきたいと思います。

来年もご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2015年が皆さまにとって笑顔あふれる一年となりますように・・・

良いお年をお迎えください。

カテゴリー: 理念ブログ
2014年12月26日 金曜日

今年最後のブログです!!(*^_^*)

今日、年末のお集まりで、お休みが長い事!!
怪我のないように過ごせますように!!
挨拶はきちんとするように!!など話すと、
子どもたちは真剣に話を聞いていました♪
みんなどんなお正月を過ごすのかな?
年明けにみんなに会って話を聞くのが楽しみです♡
そして、1年が過ぎるのがだんだん早く感じます!!
ブログを書き、読むことであんなこともあったなぁと
感じられるので過ぎるのが早く感じるのかな(^^)v

子どもたちの色々な姿・表情・想いなど知ることができ
楽しい1年でした♡♡

今年もみんなが笑顔でたくさん過ごせたことを
感謝したいと思います(^_^)

来年も子どもたちと楽しんで日々を過ごしていき
たいと思います!!

 

今年も1年たくさんのご協力ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします♪よいお年を~♡♡

 

フリー川野

カテゴリー: 園のこだわり
2014年12月25日 木曜日

今日はクリスマスの行事食を作りました。

子どもたちも楽しみにしてくれているのか、

朝早くに上の窓から厨房を覗く子が何人もいました(*^_^*)

はぐはぐさんからきらきらさんまでお昼とおやつの様子を見に行くと

「先生~♪すっごくおいしい!!」「見てみて♡お星さまかわいい」

などなどたーくさんの嬉しい言葉をもらいました(^^)/

おやつでは、カップケーキとパイン・イチゴ・りんご・オレンジなどの

自分の好きな果物を選んでもらいました♪

 

 

 

クリスマスメニュー❤

 

 

 

 

 

作るのはとても大変でしたが、たくさんの子どもたちに

喜んでもらえてとても嬉しかったです!

お食事チーム 田畑

 

カテゴリー: 園のこだわり
2014年12月24日 水曜日

 

今年も残す所一週間余りとなりました。

園庭のシンボル銀杏の木も落葉してしまいましたが

今年も黄色に色づき子ども達は落ち葉拾いを楽しんだり

舞い落ちる葉っぱを追いかけたり

赤い紅葉の葉っぱはままごと遊びにと身近な場所で季節を感じながら

遊ぶ事ができステキな園庭の環境に感謝です。

 

 

ぐんぐん組の子ども達は足腰も随分強くなり

保育園から少し離れた射場前公園(山公園)に出かけ急斜面の山道も

木の根っこをつかまりながら登れるようになりました。そこには巨大どんぐり

くぬぎのどんぐりがあり、それを探すのも楽しみのひとつです。

散歩で拾ってきたどんぐりや、松ぼっくりでクリスマスリースができました。

  

 

さて今年の桜島大根

三年目にして見事に成長中です!(^^)!

鹿児島のシンボル「桜島」みたいにたくましく、おおきな葉っぱを広げていますが・・・

大根の大きさは??

気になり土の中に手を入れて見ました。「う~ん」(@_@)

来月みんなで「うんとこしょ どっこいしょ」出来たらいいなぁと思っています。

大根さん、お正月休みの間にもっともっと大きくなってね

 

ぐんぐん 東村

カテゴリー: 園のこだわり
2014年12月22日 月曜日

今日は冬至ですね。

今年は普段の冬至とは違い、19年に一度訪れる「朔旦冬至」にあたるそうです。

これは新月と冬至が重なる日で、月の復活と太陽の復活が重なるということで

特別におめでたい日とされてきました。

また、冬至と言えば、かぼちゃや柚子湯。

これは、運を呼び込む前に厄払いをするためのみそぎであったり、

柚子は実るまでに長い年月がかかるので

長年の苦労が実りますようにとの願いも込められているとのこと。

私たちの暮らす日本には、趣深い風習がたくさんあり

自然や季節と共存していることを感じることができます。

カテゴリー: 理念ブログ