園のこだわり
2015年5月29日 金曜日

「え~」
可愛いい大人びた声が聞こえてきました。

先日のM先生とMちゃんとのやりとりです。
M先生が熱っぽいお友達のお熱を計っていると、その様子が目に付いたMちゃん
自分も……と近づき体温計を覗き込んでいます。
次は、自分とMちゃんは遊びをやめてスタンバイ…。

M先生「Mちゃん まってて…」とその場を離れ行こうとしたら…
Mちゃん「え~」(テンション下がり気味の低い声)

1歳の女の子の「え~」……その場が温かな笑い声に包まれました。
ここ最近るんるんさんは、急に言葉数も増えたり、
自分を主張して言葉で何とか表現しようとする様子が伺えてきましたが、
こうも気持ちが大人びた表現には、大人顔負けです。
この日は、Mちゃんのお陰で笑顔あふれ元気の出る一日となりました。

笑うと免疫力が高まり心身を健康にする効果がある
「笑い療法」というのが確認されているそうです。笑いは痛みを和らげたり、
ストレスを発散させてくれたりもします。

昔ながらの伝承遊びにも、くすぐりながら遊ぶものがあります。
きっとパパさんママさんも遊んだことがある「一本橋こちょこちょ」です。
はぐるんのお友だちも大好きで、小さな手の平を差し出してきます。
くすぐるタイミングを微妙にずらすと又笑いも倍増
時にはまだくすぐってもいないのにくすぐったく感じる子もいて、
やる方もやってもらう方もニヤニヤと終始笑顔になります。

時には、ご機嫌斜めのお友達には、笑顔のお薬として使ってます。
笑う事は、私の年齢には顔のしわが増えて気になるところですが……
でも笑えるって幸せな事ですね。
これからもはぐるんの子どもたちといっぱい笑って
いっぱいエステに……通う事にします。(笑)

 

はぐるん
非常勤 牛垣 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年5月28日 木曜日

最近のぐんぐんさんは運動会に向けて
体操を頑張っています!
先生の動き方を見て必死に真似しています!
体操の中の好きな振り付け部分を先生より
一足早く踊る子どももちらほら。。。
本番までに子どもたちがどれだけの成長を
見せてくれるかがとてもたのしみですね!

「がんばるぞ!オーー!!」の掛け声も
とても上手になったぐんぐんさん!!
乞うご期待下さい!!

ぐんぐん 吉山

カテゴリー: 園のこだわり
2015年5月27日 水曜日

 

先日、おひるのお食事に「サバのごまだれがけ」がでました。

 

 

いつも食事によく出ている白身魚と違って、サバには小さな骨があることがあります!

 

「子どもたちは上手に食べられるかな?

 

骨を見つけたときに嫌がらないかな?」と心配でしたが

 

子どもたちの様子を見てそんな不安は吹き飛びました♪

 

「先生、骨を見つけたよ~!みてみて!」

 

小さな骨を見つけて、声をかけてくれました!

 

中には、骨を2本見つけてクロスをさせて見せてくれる子も!

 

私の心配はよそに子どもたちは、魚の骨を見つけて思い思いに楽しんでいるようでした♪

 

子どもたちが食事を通していろんな発見をして

 

わくわくしたり、どきどきしたり…

 

そんなお食事作りをこれからもできたらと思います(^o^)

 

お食事チーム 鶴田

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年5月26日 火曜日

しらゆき保育園に勤めて4年目になります。

保育補助として、園内の清掃や洗濯をしたり

保育者の手伝いをすることが主な仕事です。

私からみる園での子どもたちの様子は・・・

はぐるんさんの部屋に入ると子どもたちが寄ってきて

抱っこされたがる子、食事中にも手を振る子

出入する時、いつもバイバイと手を振る子。

ぐんぐんさんたちの言葉の早いのには驚いています。

わくのびきらさんで、洗濯したおしぼりやタオルをよく一緒に

たたんでくれる子、きちんと丁寧に上手にたたんで

一人ひとりの性格を垣間見ることができ

日々発見です。

子どもたちと一日おきに接することで

パワーをもらい心が癒されます。

非常勤 寺原

カテゴリー: 園のこだわり
2015年5月25日 月曜日

以前、「ありがとう」という言葉が大好きですという話を

ブログに載せたのですが、

今回は「ありがとう」について娘の担任がクラス便りに載せていて

心に残ったことを伝えたいと思います。

「ありがとう」の反対はご存知ですか??

「ありがとう」に反対語ってある?と思ったのですが・・・

「あたりまえ」だそうです。

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」「有難(ありがた)し」という意味で・・・

あることがむずかしい、まれである

めったにない事にめぐりあう。すなわち奇跡ということだそうです。

「ありがとう」イコール「奇跡」・・・奥が深いなぁと感じました。

奇跡(ありがとう)の反対は、「当然」とか「当たり前」

私たちは、毎日起こる出来事を当たり前だと思って過ごしています。

歩けるのがあたりまえ。

目が見え耳が聞こえるのがあたりまえ。

うまれてきたのがあたりまえ。

親がいてあたりまえ。

友だちといつも会えるのがあたりまえ。

生きているのがあたりまえ。等

日頃、あたりまえの生活をしている中、

後悔していることは多々あります。

あの時もっとこうしていれば・・・

今日、誰かと出会い、話し、笑い

食事をして仕事ができる。

こんなあたりまえだと思うことが「奇跡」の連続だそうです。

「有ること難し」

生きて、出逢うという奇跡の連続に

「ありがとう」を言いたいですね。

 

非常勤 鮫島

カテゴリー: 園のこだわり