園のこだわり
2016年10月31日 月曜日

子ども・子育て支援センターしらゆきでは
10月より保育園の子ども達と外部の友だち達が一緒に
小集団療育をスタートしました。

 

「体が育つ」「知覚が育つ」「社会性が育つ」などをねらいとし
曜日ごとに運動遊びや音あそび、感覚遊びなどを計画しています。

 

初めての小集団の日
二人の外部の友だちを迎えました。
上手く遊べるかな?と不安な気持ちは・・・心配無用でした。

その日の四人の子ども達の雰囲気は何とも言えない温かい空気と笑顔
ふぁふぁ風船を一緒に追いかけたりしてお互いを受け入れ
その後サーキットや感覚遊びを楽しみました。

初めての出会い=みんな友だち

子ども達の姿から自分自身もたくさんの学びがあり
改めて出会いを大切にしたいと感じた初日でした。

 

そして子ども達と一緒に保護者の方々の輪も広がって
みんな み~んな友だち・・・
そんな支援センターを目指したいと思います。

                    職員室  東村

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月28日 金曜日

おたのしみ会へ向けて、各クラスごとに様々な劇ごっこや

うたあそびを楽しんでいます。はぐはぐ・るんるん組では

昔ながらのわらべうたあそびに親しみ、お集まりや普段の

遊びの中にわらべうたあそびを取り入れて、子どもたちと

一緒になって遊んでいます。最初は保育者の動きを見てい

た子どもたちですが、繰り返し行う中で少しずつまねっこ

するようになり、今では子ども同士で歌ったり、保育者に

得意気に見せてくれます♪昔ながらの物に触れる機会が少な

くなっている子どもたちに、わらべうたあそびを通して伝統

的に受け継がれてきたあそびの良さを伝えられたらと思います。

はぐはぐ・るんるん組 大江

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月27日 木曜日

  「きょうは、じがんこーえん いくの」とHくん。
「コシュモシュ(コスモス)みるの?」とSくん。

朝から興奮気味のぐんぐんさん。

あいにくの雨でしたが
「いってきまーす」
元気に笑顔でバスに乗り込み園を後にしました。

15分程の道のりでしたが、隣のお友だちとおしゃべりしたり
道中見慣れた風景に
「ここしってる~」
「いったことあるよ~」
と会話も弾みました。

バスの中から見えるコスモスに「わぁ~」
と歓声も聞こえました。

雨が止むのを見てバスから降りてコスモスを後にハイチーズ♪
上手に1列に並んで撮れました。

少しだけでしたがコスモス畑の自然の中でおやつを
食べたりコスモスの花の色当てをしたりと、楽しむことが
できたのではないでしょうか・・・

来年は、是非晴れて自然をおおいに満喫したいです!

 

p1250845p1250844

 

 

 

 

p1250850p1250854          

 

 

                     ぐんぐん 牛垣

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月25日 火曜日

私が幼い頃、ラジオから流れる「ちゃわんむしのうた」を
聴きながら、母と一緒に歌ったり指遊びのように指や手を
動かした記憶がうっすらとあり、小さい頃から知っていた
鹿児島の方言の「ちゃわんむしのうた」

 

大人になり、保育士となって初めて歌詞の意味を調べ、
茶わん蒸しと、茶わんについた虫を勘違いしたのだと
いうことを知り、子ども達と歌に親しんだのは、
しらゆき保育園が園舎を建て替え中に過ごしたプレハブの
仮園舎期間中でした。その時の保育テーマは「鹿児島」!

 

あれから数年・・・
H28年度今年の保育テーマは「伝統」~伝統を感じよう~
です。伝統にちなんで、昔から歌い継がれているわらべうたに
はぐはぐ・るんるんの子ども達と親しんでいると
C先生がわらべうたのCDを流し、その中にあったのが
「ちゃわんむしのうた」!!
久しぶりに子ども達の前で歌うと、改めて歌詞に出てくる
「めご」とは何だろう?・・・と思い、もう一度調べてみました。
めごとは、目籠(めのあらいかご)のことでした。

はぐはぐ・るんるんの子ども達は、保育士の真似をしながら
指や手を動かし、「ちゃわんむしのうた」に親しむ中で
指を虫が歩くように動かしたり、ワッハッハーと両手を広げて
歌ったりするようになりました。

この「ちゃわんむしのうた」は、大正末期に姶良郡の小学校で
学芸会の劇中唄として作られたそうです。今でも歌い継がれ
NHKのテレビ番組「にほんごであそぼ」でも歌われていました。
そんな歴史のある「ちゃわんむしのうた」を11月の
おたのしみ会で、子ども達が保育士と一緒に歌いますので、
皆さんぜひお楽しみに♪
そして、鹿児島の方言の歌を聴いて、見て伝統を感じて
いただけたらと思います。

はぐはぐ・るんるん  竹

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月24日 月曜日

去る10月15日、平川動物公園にて親子遠足でした。
内容は親子で希望のコース(らくらく、ほどほど、ハード)に分かれ
通過点にいる保育者の動物問題に答えます。
三択~ニ択ですが間違えると再チャレンジです。
シールがもらえると次の地点へ。

*ゾウのミラーを見つけ自分が写るように撮影する。

*コアラやニホンザルの顔はめ写真でハイチーズ 他。

*スペシャルフォトチャレンジには特別なシールがもらえます。

コースを周って全問題に答えゴールすると賞状にごほうびシール。
珍回答があったり親子で笑い合ったり、わくわく楽しめた様子が伝わってきました。
何度も動物園に行き親子で楽しめる工夫や問題を考えてくれた先生方にも頭がさがりました。

 

そんな動物園での余韻を残した今週のある日、、、。

子ども達による動物クイズラリーを行いました。
問題のボード持ちとシール貼りはきらさん。
きらさんが作ったカードを持ってのびわくさんがメガホンをとおして答えました。
「正解~」「残念~」とあちこちで聞こえました。
フォトチャレンジコーナーでハイチーズも❤

 

はぐはぐ、るんるんさんの部屋でも別な日に動物クイズラリー。

室内にいろんな動物がかくれんぼ。
耳がながくて・・・と問題を出したそばから「いた!」とうれしそう。
ピアノの曲で動物を聴き「あいあい?」
るんさんの後にはぐさんがついていきポーズしたりそれぞれで楽しんでいました♪
動物カードにシールでマッチング。

 

どこのお部屋でもリーダーの保育者が色々な導入をしながら
子ども達の楽しいを引き出していてその空間を皆で共有共感できました。
あらためて、ふりかえりの大切さも知りました(*^。^*)

親子遠足を成功しようと皆で取り組んだチームワークにも拍手でした。

 

 

非常勤 わく、のび、きら 下原(さ)

カテゴリー: 園のこだわり