園のこだわり
2017年1月31日 火曜日

新しい年が明けてからあっという間に1ヶ月が過ぎ
1月は今日で終わり!明日からは2月がスタートします

年末年始のお休み後にも
はぐはぐ・るんるん組の子どもたちは
おしゃべりが上手になっていたり
歩けなかった子が1歩1歩と歩けるようになったり
たくさんの成長を共有することができて
嬉しい毎日を過ごしています

1月に入ってからふと気づいたのですが・・・
朝、るんるんさんとはぐはぐさんは
同じゾーンで過ごしています

少し人数が増えてくると、ハイハイする子どもたちが
先にはぐはぐゾーンへ帰ります

以前は名前を呼んでも遊びに夢中で
帰りたくないといった姿が多く見られていたのですが

1月のはぐはぐさんは
ハイハイする子どもが数名帰ると
それに気づき「わたしも、ぼくもはぐはぐだよ~」
といった様子で帰ってくる姿が
見られるようになりました

「もう少し遊んでいてもいいんだよ~」と
声を掛けながら、小さなはぐはぐさんの成長が
微笑ましく思うところでした

感染症も流行する季節
大人も子どもも体調に気をつけたいですね

          はぐるん 寺内

カテゴリー: 園のこだわり
2017年1月30日 月曜日

最近るんるん組の子どもたちの間で、

身近な大人や友だちの手伝いをしてくれるお手伝い名人がいます。

例えば、園庭や公園に出る際。

自分の靴・靴下を履き終わると、「お手伝いする」といって周りを見渡し、

靴・靴下をまだ履いていない友だちを見つけては

自分から進んで友だちのお手伝いをしてくれます。

その他にも、朝やお昼のおやつの時に袋菓子が出ると…。

全員「いただきます^^」

と、いつものように挨拶をし終わると黙々と自分のおやつを開ける子どもたち。

けれど、数秒後には…

「あけれな~い」

「せんせ~?できな~い」

「あーけーてー」

と言って、袋を保育者に差出す子、

近くにいる友だちに開けてもらおうとすっとその子の目の前におく子(笑)

まだまだ、袋を開けるのが難しい様子。

保育者が「誰か、お手伝いしてくれないかなぁ~」

と言うと…

「○○○くん、○○ちゃんがやる!」と言って

すぐに立ち上がりその場に向かうお手伝い名人たち!

綺麗に袋を開けてくれる子がほとんどなのですが、中には違う子も…

保育者がよくなかなか開けれない子の袋に切れ目を入れて

「ここから開けれるよ!」と開けやすくして渡すのですが、

その姿をよく見ていたからか切れ目を入れて渡す子が…。

よ~く、大人を見ているんだなぁ~とその場にいた保育者全員が驚きました。

また、お手伝いをやり遂げては自信に溢れている子どもたちの姿を見ていると、

お手伝い名人よりもちびっこ先生と呼んだほうがふさわしいかもしれません。

                             はぐはぐ・るんるん 下豊留

カテゴリー: 園のこだわり
2017年1月27日 金曜日

保育園で毎日たくさんのお友だちに

囲まれて過ごしている子どもたち。

最近、「見る力」「真似る力」が

成長していることを感じます。

身近な大人、子どもの姿を見て

「何をしてるのかな?」

「自分もやってみたいなぁ・・・」

という気持ちから

「やってみると面白い!」「楽しい!」

という気持ちの連鎖に繋がり

お部屋にブームが広がっています!

子どもたちのモデルになる行動・・・

意識せねば!ですね(^^#

IMG_7167IMG_7234

IMG_7557IMG_7535

はぐるん 大平

カテゴリー: 園のこだわり
2017年1月26日 木曜日

先日、きらきら・のびのび・わくわく組の子どもたちに

『冬が旬の食材』についての食育をしました!

冬が旬の食材といえば、白菜や大根、ブリなどたくさんありますが

今回はいろんな種類のみかんを使って、触ってもらったり匂いをかいでもらったり

しました。

 

P1170779   P1170791  P1170789

 

小さい桜島小みかんや大きなサワーポメロなど、中には普段なかなか見慣れていない

みかんもあって、子どもたちは興味津々でした♪

これからも子どもたちが楽しめるような食育ができるよう頑張ります(^0^)/

 

お食事 雪丸

 

カテゴリー: 園のこだわり
2017年1月25日 水曜日

寒波襲来・・・月曜日は桜島の山頂にうっすら雪化粧が見えました。
冬生まれの私ですが寒いのが大の苦手です。
この季節になると、私の背中にはカイロがペタッと・・・
もうこれは手放せません。ジンワリと体が暖まり活力になっております。
でも、時には日中気温が上がりすぎて背中がカイロでカチカチ山のように
燃えてしまい・・・日々の気温チェックは私の必須です。(笑)

 

そんな私と違い、ぐんぐん組の子どもたちは元気いっぱい!
体を動かすのが大好き、外遊び大好き!

 

先日珍しく、ぐんぐん組だけで園庭で遊んだ日の出来事です。

K君とMちゃんが普段はきら・のび・わくのお兄さんお姉さんが
使って遊んでいる板や瓶ケース入れを運び始めました。
ヨイショヨイショと一生懸命運んでいます。
その表情は目が輝き、口元はニヤッと緩み、
何かが始まる予感が見て取れます。

P1260656 

 

K君は運んだ瓶ケースを並べ、台のようにMちゃんは板を敷き詰め
瓶ケースを一つ横に倒し、そこへ靴を入れました。

また一人二人と何だ何だ・・・と集まってきて
誰も何も言っていないのに靴を脱ぎ、
倒してある瓶ケースが靴で一杯になりました。
中には靴下まで脱いで入れる子もいました。

P1260665

 

隣では、K君が並べた台にHちゃんがお店を開店していました。
アイスクリーム屋さんです。恥ずかしがり屋のHちゃんですが、接客してます。
そう言えば、サンタさんからアンパンマンのアイスを作る玩具が
届いたと言っていました。
その玩具のせいでしょうか。手つきは慣れたものでした。

P1260658 

 

次々に子どもたちだけで遊びが展開されることに驚きです。
それぞれの子どもが主役になって目をキラキラ輝かせて遊ぶ姿は
日常の異年齢保育での「子どもと子ども」の関係の中から
学びあっている力の大きさを強く感じ、
それをぐんぐん吸収している子どもたちの成長をも感じました。

もうすぐ、ぐんぐん組はわくわく・のびのび組の部屋へ移行します。
大きな集団への仲間入りです。たくさんの刺激が待っていると思うと楽しみです。

わくわく・のびのび組さんよろしくね。

 

                         ぐんぐん組   牛垣

カテゴリー: 園のこだわり