園のこだわり
2018年4月27日 金曜日

ぐんぐん組の大平です。

本日しらゆきこども園では、一足早く

「こどもの日」のお祝いをしました。

 

こいのぼりの泳ぐ多目的ルームに集まった子どもたち。

まずはお母さん役、子ども役に扮した

保育者の寸劇を見ながら、こどもの日の由来や

こいのぼりの由来を確認しました。

こどもの日が

①子どもの成長をお祝いする日

②お父さんやお母さんに感謝する日

であることは知っていた子どもたちでしたが、

菖蒲の花が「兜」に似ていること、

「刀」に似ている菖蒲の葉をお風呂に入れることは

知らなかったようで、

「へぇ~~。」と思わず声が漏れる子どもたちでした。

IMG_4498 IMG_4499

寸劇の後は2345歳児でチーム対抗の

こいのぼりリレーを開催しました!

今回のバトンは、「こどもの日」にちなみ

「こいのぼり」と「かぶと」を用意。

リレーに初挑戦の2歳児も、お兄さん、お姉さんに

手を引かれ、参加することができました。

自分のチームがゴールしても、最後まで友だちを

応援し続ける子どもたちの姿に

心が温かくなるリレーでした。

IMG_4502 IMG_4503

今日はお食事もお祝いメニュー。

おやつでは伝統の「柏餅」を味わい、

一日を通して「こどもまつり」を楽しんだ

子どもたちでした。

P1220927  P1220928

IMG_4505 IMG_4509

 

カテゴリー: 園のこだわり
2018年4月26日 木曜日

わくわく・のびのび・きらきらの下豊留です。

先週から、お当番が始まりました。

のび・きらの子どもたちは去年も体験している分
よし頑張るぞ!といきこんでいる中、
わくわくの子どもたちは、どんなことをするのかどきどきわくわく^^

そして、朝から「ぼく、きょうおとうばんなんだよ!」と
目が輝く子どもたちの姿。

活動の終盤にさしかかり、きらきらの子どもたちは周りを見渡し
時間になるとS君が「黄色のりんごさ~ん」と
お食事お当番のお友だちに呼びかけます!

自分のチームの名前が聞こえてくるのがわかると
すぐにS君の周りにはのびのびの子どもたちが!

ですが、わくわくの子どもたちは遊びに夢中になっています…

その姿を見てもS君はあせらず優しい声で
「Y君、お食事お当番一緒にいこうか?」と声を掛けてくれます。

その後も、S君が周りのお友だちを気にかけて
「エプロンはどれがいい?手伝おうか?」
「次は、これをここにおくんだよ」とテキパキ動きながら
みんなを誘導する姿に保育者の出る幕はなく…

準備が終わって、後は食事が来るのを待つだけ!
その間も、「みんなで、座って待っておこう!」と一言!
その後姿についていく、わくのびさんの目は
頼もしいお兄さんへの憧れの眼差しでした。

そして、食事量を「ちょっと、いっぱい、ちゅうくらい?」と聞く声も
わく・のびさんの時に比べ声のトーンがゆったりとしていて
S君の年下への気遣いが見えた時には、
なんて本当に優しいお兄さんなんだ!と関心しました。

そのあとも、S君のことをずっと見ていて
きらきらの頼もしさを改めて感じました。

年上・年下での異年齢の関係性の中で、
日々子どもたちが少しずつ相手を思いやる心や体を成長させていく姿を
これからも楽しみにしていきたいです。                                                                 

カテゴリー: 園のこだわり
2018年4月25日 水曜日

はじめまして。ぐんぐん組の宮原です。

今年の3月に入職し、しらゆきこども園の皆様と過ごし始めてもうすぐ2ヶ月が経過します。

子ども達から「まゆみせんせい」と名前を呼ばれることも増え、とても嬉しく感じます。

 

園庭で遊ぶことが大好きなぐんぐん組のみんな。天気の良い日にはみんな一緒に靴下をはいて、

帽子をかぶって、靴をはいて…いざ園庭へ!!

ついこの前までは帽子が自分でかぶれずに「できない!」と泣いて悔しがっていた子ども達でしたが、

今では数人のお友達が「できたよー」と満面の笑みをむけてくれるようになりました。

そんな日々の子ども達の成長に驚きと嬉しさを感じます。

 

園庭では、「ダイナミック」にのびのびと体を動かす楽しさと同時に、

植物や虫などに触れる楽しさや思いやりなどを子ども達に伝えていけるように

日々私も成長していきたいと思います。

カテゴリー: 園のこだわり
2018年4月24日 火曜日

はぐはぐ・るんるん 齊野です。

4月から新入園児さんを迎え22名でスタートしたるんるん組の子どもたち。

 

在園児の子どもたちは新しい先生、環境、友だちに最初は戸惑いも見られましたが今では、「りさせんせー!」と名前で呼んでくれるほど慣れ、ままごとやブロック、車で遊び元気いっぱいです。

 

新入園児の子どもたちは、お父さんやお母さんと離れた寂しさからなかなか遊びに入っていけずお迎えが来るまで涙する姿が見られる子もいました。

 

しかし、入園してから2週間経ち少しずつ園生活に慣れてきて自分から遊びに入っていく姿が見られるようになりました。保育者に近づき、ぎゅっと抱きついたり友だちと触れ合ったり笑っている姿にとてもホッとします。

 

 活動では、お天気が良い日は園庭やテラスに出ます。園庭では、砂遊びが大人気でスコップやお皿、コップを手に取りままごとを楽しんでいます。3Fでこいのぼりが上がっているのを見つけると「こいのぼりだよ~!」と興奮気味で教えてくれます。園庭で咲いている草花や虫にも興味津々の子どもたちです。

 

テラスでは、子どもたちになじみのある曲や大好きな曲が流れると手をたたいて喜び、保育者や友だちと毎日のようにダンスや体操をしてノリノリで踊っています♪

 

そんな体を動かして遊ぶことが大好きなので7月に行われる運動会に向けてどんな姿が見られるのかとても楽しみです!楽しんでのびのびと参加してくれたらいいな~と思っています。

 

また、お兄さん・お姉さんになったんだと自覚があるようではぐはぐ組の子どもたちが泣いているとティッシュを持ってきて涙を拭いてあげたり手を握ったりなでてあげたりしてくれます。

 

「〇〇ちゃ~ん、こっちよ。」と保育者の真似をして手を引く姿も見られます

友だちのことを思いやる優しい子どもたちの姿に見ている私たちまで優しい気持ちになれます。

子どもたちとたくさんのことを楽しく元気に明るく楽しみたいと思います。

 

                                              

カテゴリー: 園のこだわり
2018年4月23日 月曜日

こんにちは

職員室・療育チームの平野です。

4月も中旬を過ぎ、とても暑くなりました。

外に出ると、まぶしい光をたくさん浴びて、とてもわくわくします。

いっぱい日差しを浴びた体に、野菜がとてもおいしく感じる毎日です。

キュウリや白菜は体を冷やしたり、塩分の調節をしてくれるそうです。

おいしいと感じるものが、自分の体に必要なものなんだなあと、最近

特に感じます。

 

私も、こども園で週に1回ほど、子どもたちと一緒にごはんを食べさせて

いただいています。

こども園の給食はとてもとてもおいしいです。

栄養のバランスの取れたおいしい(しかも作ってもらった)ごはんを食

べられるってほんとうにありがたいな、しあわせだなと感じています。

おいしそうに食べる子どもたちを見ていると、私もとても楽しい気持ち

になります。毎週の楽しみになっています。

 

私はこども園の調理に携わることはありませんが、子どもたちが、外や

お部屋、おべんきょうのお部屋でも、いっぱいからだを動かして、もり

もり食べて、よく眠って、すくすくすこやかに育っていくことを、陰な

がらサポートしていきたいなと思っています。

 

食事のこと、もっと運動が得意になったらいいな、など、お気軽に相談

くださいね。

 

 

カテゴリー: 園のこだわり