園のこだわり
2019年1月22日 火曜日

はぐはぐ・るんるん組の中玉利です。

今日は多目的ルームでバルーンあそびをしました。

 

一列に壁を背にして座り、保育者の話をしっかり聞いていました。

「布の上は走ると転ぶから、走らないようにしようね」

と言うと一人の女の子が「歩くんだね」と言いまし(^^♪

 

入所当初からすると、すごく成長したなぁと思います。

 

まず、バルーンの感触を楽しむためバルーンを布団に見立てて被りました。

そしてバルーンをみんなで座って持ったり、立って持ったりし、

右に左に揺らしたり、大好きなアンパンマンの曲に合わせて動き回りました。

右回りから左回りに方向転換することは少し難しいようでしたが、

とても上手でした。

 

最後はバルーンの大きなトンネルを潜り抜け、行ったり来たりしながら

たくさん動き回りました。

これからもバルーンの楽しさを子どもたちと一緒に

共有していきたいなと思います。

 

カテゴリー: 園のこだわり
2019年1月21日 月曜日

わくわく・のびのび・きらきらの牛垣です。

今、毎日ぐんぐん組から移行に向けて6名の可愛いお客さまが食事の時間にやってきて午睡、3時のおやつを共に過ごしています。

今回のお世話係は次のきらきら組になるのびのび組さんです。その日のお世話係さんは、ぐんぐん組さんと2人1組ペアになり目印はお互い同じ色のワッペンを付けています。お迎えの時間になったらぐんぐん組へ行き同色のワッペンを付けた小さなお客さまの手をとって3階へ移動します。まず、タオルかけにタオルをかけ、パジャマを入れる場所を探し、手を洗い、食事を取りに行きます。

そしてここからは、のびのび組さんが先頭になり、

「いっぱいください」

「ちょっとください」

と、かっこいい見せ所です。小さなお客さまが戸惑っていたら目線をその子にあわせ腰を低くしなぜか小声で

「ちょっと?」

「いっぱい?」

「それともちゅーくらい?」

とたずね、促します。優しく尋ねる子、代弁してくれる子、、、それぞれの頼もしい姿があります。食事を全てもらったらまずは自分たちが座るテーブルを探し、そこへ先にトレーをおき再び戻り、自分たちのテーブルへとエスコートします。トレーを手にかけて誘導する子、背中を押し進めてくれる子、「こっちこっち~」と声を掛けてくれる子、、、これにも様々なエスコートの姿があり見守る大人はほっこりします。

準備が整うと、さあ~、一緒にいただきます。食べるペースも違っても自分のペアが食べ終わるまで待っている優しいお兄さん、お姉さん。苦手なものかなあ?進みが遅くなったと感じたら共食で培ったお兄さん、お姉さんが食べさせてあげる作戦!!口まで運んであげるとパックっと食べてくれます。作戦成功です。どちらもすごーいと褒められて、ドヤ顔です。でも、時には、、、あれあれ?。お兄さんお姉さんの方が遅くなってしまい、小さなお客さまがお困りですよ~。

 

また、なかなか聞き入れてくれない小さなお客さまに直面しスムーズにいかないこともあります。

「せんせい、○○くんが言うこときいてくれないよ」

と半ベソで手を焼く場面も、、、。

どんな事でも体験したことは成長のステップに欠かせない大切なもの。

ぐんぐん組さんも勿論ですが、お世話するのびのび組さんも1人1人の頼もしい行動に心身の成長と異年齢保育の楽しさ、大切さを感じさせてくれました。

カテゴリー: 園のこだわり
2019年1月18日 金曜日

療育チームの山下です。

今日は、はぐはぐ・るんるんさんと楽器あそびをしました。

始めに保育者が、鈴・マラカス・トライアングル・

カスタネット・タンバリン等の楽器を紹介。

音を聴きながら、優しく使うこと、お友だちと交代しながら

使うことについて話を聞きました。

s-DSCN0751

気に入った音色の楽器を箱の中から選び、

一人ひとりとても嬉しそうに鳴らしていました。

「おもちゃのチャチャチャ」や「北風小僧の寒太郎」

「雪のペンキやさん」などピアノの伴奏に合わせて、

思いおもいに演奏する子どもたち。

s-DSCN0753

途中でお友だちと楽器を交代して演奏する子どもたち。

s-DSCN0752

とっても楽しい楽器あそびでした♪

カテゴリー: 園のこだわり
2019年1月17日 木曜日

お食事チームの米盛です。

1月11日は、鏡開きでしたね♪

鏡開きとは、正月飾りとして神様や仏様に

お供えしていた鏡餅を食べやすい大きさに切り分けて

お雑煮やおしるこなどに入れて食べる風習のことを言うそうです。

鏡餅の鏡開きは、一年間の一家の無病息災を

祈願して行われるという意味もあります。

園でも3時のおやつにぜんざいを提供しました!

s-IMG_0161  s-IMG_0174

s-IMG_0192  s-IMG_0194

みんな美味しそうにおもちを頬張って食べていました(*^^)v

次の行事食は2月4日に節分の日で手巻き寿司を提供します。

一個一個真心を込めて作りますのでお楽しみに☆

カテゴリー: 園のこだわり
2019年1月16日 水曜日

ぐんぐん組(2歳児)の下原です。

 年が明けても、ぐんぐんさんの成長が著しいです。

排泄で、おもらしがあっても次は自分から早めに行かなくては大変だと感じたり、

着脱は、袖を引っ張るのは難しいけれど 

時間をかければ、要領が分かれば出来たり、

食事は、いっぱい、ちょっと 

自分の食べられる量を自分で決めて完食も増えたり、

上手にお皿を持てるようになってこぼすことも少なくなってきています。

遊びの世界も広がり、積み木、ブリオ、ブロック等を使って

友だちと一緒に考え作り上げた達成感、色んな活動も一人遊びからだんだんと

友だちと関わり一緒が楽しいことを感じられています。

 

 ぐんぐん、ぐんぐん、色んなことを乗り越え、感じながら

”できる自分“を見出してきています。

 

先週より移行に向けて毎日6名ずつ お食事の時間から午睡、

おやつの時間までわくのびきら(345歳児)さん達の中で過ごしています。

不安や緊張で泣くかな、、、何人か戻ってくるかな、、、と 

こちらもドキドキしていましたが、おやつを食べ終わって

お部屋に戻ってくる姿は誇らしげで自信に満ちていました。

1対1でお世話をしてくれるのびのびさんのおかげもあり

「また行きたい」「今度はいつ?」と言う子もいます。

 

それぞれの立場でわくのびきらの子ども達が、ぐんぐんさんを受け入れてくれる事、

思いやりを持って手助けしてくれる姿勢、

これが“異年齢保育の良さ”ですね。

今後もぐんぐんさんの成長を応援し見守っていきたいと思います。

カテゴリー: 園のこだわり