園のこだわり

「最高のお別れまで」

2019年3月12日 火曜日

療育チームの末吉です。

3月は春の訪れを嬉しく思う反面、別れの季節でもありますね。
きらきら組の子どもたちとのお別れも少しずつ近付いてきていると思うと、
淋しい気持ちになりますが、残りのしらゆき生活をキラキラの思い出いっぱいに過ごしてほしいと思います。

子ども子育て支援センターしらゆきでも別れは訪れます。
入園・入学や引越し、別れの形は様々ですが、中でもST(言語聴覚士)、OT(作業療法士)からの「卒業」というお別れは、淋しい中に「すごいね!やったね!」という気持ちが溢れてきます。
このしらゆきに来て苦手を克服したり、得意がもっとぐんと伸びたり、
明るくなったり、前向きになったり、自信がついたり、勇気が持てたり、・・・
そんな子どもたちを見送る時は、安堵とともに
とても嬉しい気持ちでいっぱいになります。
「ここに来た時は、迷いの中だった・・・」と言ったお母さんが
「先生、ありがとう。ここに来てよかった。」
と涙を流す姿を見ると胸がじんとします。
この親子の大切な歩みの中に関われたことを心から感謝します。

先輩方が築き上げたしらゆきの療育が大好きです。
これからも守っていきたい。もっともっと知ってほしいと思います。
子どもたちが自己肯定感を持って、のびのび楽しんでいけるよう、
これからも丁寧に関わっていきたいと思います。
一人ひとりの最高のお別れが訪れる日まで…