MENU

過去の理念ブログ

物語を語る

2012/05/30

職員の間でミーティングを行うことが、以前に比べると
特別に計画をしなくても自然と行えるようになったなあ・・・
と感じています。

職員間がそうであるように、実は私自身も
「これってどうなのかなぁ・・・」
「何かが違うような、でも仕方ないのかな・・・」など
疑問に感じることを尋ねたり、
「子ども達がとても楽しそうに集中していた♪」
「保護者の方から嬉しい言葉をいただいた!」などなど
色んな想いの共有を気軽に行えるようになってきました。

それはとても嬉しいことで、
周りの想いを知ったり
今、課題だと思うことを先延ばしにしないで
気軽に話せたりすることは
お互いの信頼関係が成り立っていてこそなので、
そんな信頼が生まれていることが、とても有難いです。

かれこれ10年ほど愛読しているコーチング関連の
メールマガジンの中で最近気になる記事がありました。
そこには、
組織のリーダーがどんな「物語」を持って、どう生きていくかが
組織の可能性に重要な影響を与える、という内容がありました。

また、リーダーは「組織の物語」を語り、それと同時に
メンバー一人ひとりが「個人の物語」をつくるための関わりも大切であり、
その先に新たな「物語」が生まれるのだ、ということも書かれていました。

自分の立場で考えてみると、私は
しらゆき保育園の物語をどれだけ語れているのか
そして職員個人の物語をつくる関わりはどれだけ持てているのか・・・
まだまだ未熟な自分に気付かされます。

忙しいとき、慌しいとき、自信がないとき
人に何かを語るにはエネルギーを要します。
けれど、語ることが役目なら少しでもそんな役目が果たせるよう
これからもコミュニケーションの場を大切にしていきたいと思います。

そして新たなしらゆき保育園の物語を
みんなで作り上げていきたいと思います。

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?