MENU

過去の理念ブログ

園内観察

2012/06/11

今日も竹之迫保育園さんより
3名の保育士さんが来園しました^^

保育園で働くヒトにとって
保育を見るということだけで一日を終える
そんな機会は少ないので
この一日は、見る方も
そして見られる方も色々な気付きがあります。

もちろん他の園のヒトに見てもらうことは
色んな刺激になるのですが、
最近は、職員が園外での研修に参加する際に
事前に自分の園の課題を振り返るべく
自分達の保育を見る、ということも行っています。

今日の竹之迫保育園さんの見学同様に
職員が朝から夕方まで、園内観察を行います。
途中、お昼にミーティングを挟み、さらに観察
夕方のお集りを終えるくらいまで観察をつづけ
その日のまとめのミーティングを行う
といった具合です。

これは園外での研修に向けて、見るポイントを事前に意識し
参加する研修がより有意義なものになるように、
と思って始めたことでしたが、
実際に参加した職員からとても好評だったことや
見られる仲間にとっても、チームのよい振り返りとなったことから
今後も継続してこんな機会をもちたいと思うようになりました。

この観察研修のようなことを通しても
園全体がとても前向きだなぁと嬉しくなります。
それは、これらがいつも課題に向かって前進することを意味しているからです。

誰かが一人でも見られることを後ろ向きに捉えたなら
このような時間は、とても窮屈で苦しい時間になると思います。
けれど、誰もが今よりも、より良い保育を目指しているからこそ
課題に向かって取り組もうと思えるのだと感じています。

不思議なもので、一つステップアップすれば
また次のステップが見える。
そんなことの繰り返しです。
それを仲間と共に楽しむことができる
そんな幸せを感じています。

また、今年も職員は色々な研修に参加します。
事前研修とも言える園内観察の際は
「研修中」の名札を付けて園内をウロウロしますので
その際は「あ、○○さん、今度研修に行くのね!」
なんて思っていただいて
「たくさん勉強してきてね!」
と励ましていただければうれしいです^^

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?