MENU

過去の理念ブログ

保育園の役割(2)

2012/07/10

子ども主体の保育を具体的に実践し提案している保育団体で
全国に約250の保育園や幼稚園が参加している
保育環境研究所ギビングツリーという団体があります。

しらゆき保育園も、見守る保育に出会い、この団体に仲間入りし
子ども主体を実践する全国の保育園や幼稚園と出会い
たくさんの学びを深めてきたことは、これまでに書いてきたとおりです。

そのギビングツリーが提案する、
保育を目指す人のための「オープン保育」。

養成校の学生を対象とした保育園の見学会です。
子ども主体の保育、環境を通した保育、
保育所保育指針を具現化した保育の実際に触れてもらい、
実習先や就職先の選択の参考にしてもらったり、
学生の保育観、子ども観、保育士像をみつけていく機会の一つとして
活用してもらいたいとの思いから、昨年より取り組まれています。

しらゆき保育園でも、昨年も地味に取り組んでいたのですが、
今年ももちろんその趣旨に賛同し取り組む予定です。

保育を志す人たちに、この仕事の楽しさや素晴らしさを
少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
また、保育園の役割として、新たな人材の育成にも
誠実に携わっていくことも大切なことだと思います。

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?