MENU

過去の理念ブログ

保育実習

2012/08/23

今日は、保育実習に来ている学生さんの
担当保育(園内では「研究保育」と呼んでいます)の日でした。

2歳児、3歳児の子ども達を対象に
二人の学生さんがそれぞれ設定保育の時間を任され
今日の日をむかえるプレッシャーにも負けず
最後までやりきりました。

どれだけ緊張したことでしょう・・・
毎年、保育実習を受け入れていますが
その度に、保育士を目指す人たちの頑張りに
とても私には真似できないなぁ・・・と関心するばかりです。

と同時に、実習生を指導する立場になる
保育者にも、とても関心させられます。
約2週間の実習を通して、
様々な保育の場面を切り取り
細やかに指導し、子どもを見守る姿勢を丁寧に伝える。
とても難しいことです。
日々の保育に加え、多くの時間を費やします。

保育者自身も通ってきた道でしょうが
学生の皆さんには、
たくさんの人との関わり、そして支えがある中で
今日をむかえていることを感じてもらえたらなぁと思います。

そしていつか、自分自身も誰かに
おかえしできる日がきたら
精一杯おかえしして欲しいなぁと思います。

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?