MENU

過去の理念ブログ

実習生の記録

2012/08/24

しらゆき保育園の職員の中には
学生時代に保育園での職場体験やインターンシップを通して
保育園で働くことを目指した人や、
保育園に勤める人の話を聞いて
自分も勤めたい!!と思った人や
しらゆき保育園で実習をした人など

保育園での実際の体験や
保育園で働く人を通しての間接的な体験から
この仕事を選んだという人が多く存在します。

今日、先日しらゆき保育園で実習を終えた看護学生より
「保育園実習記録」が送られてきました。

そこには、たった一日の実習ではあったけれど
多くの学びがあったことが記されていました。

それまでの学習と実際の子どもの姿を照らし合わせ
真剣に一日を過ごしたことが改めて感じられます。

たった一日の出会いに何を伝えられるかと
こちらも真剣に向かい合いますが、
私たちが大切だと思って伝えた言葉は
とても素直に学生に伝わっていたことを
この記録を通して知ることができました。
こんな時、とてもとてもうれしいです!!

保育者が子どもと接するときに大切にしていること。
そんなことをカンファレンスの時間に
学生と保育者で話をしましたが、
一つひとつ丁寧に記録され、
学生一人ひとりがそれぞれの言葉に置き換えて
理解していることに喜びを感じます。

看護師を目指す彼女たちは(今回は女性ばかりでした^^)
保育士とは職業は違っても
子どもをはじめ、人と共にある仕事に就くことは同じであり
私たちが大切にしている子どもを見守る視点が
一日の出会いの中でとても大きく受け入れられたことは
実習を受け入れて本当によかったと思えます。

こんな日々の出会いを通して、
子どもが主体的でいられる世界がもっともっと広がるといいなぁ
と思います。

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?