MENU

過去の理念ブログ

絵本の貸し出し

2012/11/15

保育園での絵本の貸し出しをお休みしていた数年間。
貸し出しをお休みした理由は色々ありましたが
その間も保護者の方から貸し出しを希望する声を何度もいただきました。

今年になり、以前とは少し方法を変えてクラス毎の貸出日を設け
絵本を愛する担当職員のもと、貸し出しを再開しました。

絵本はまずは大人が子どもに読みきかせるものであり、
親子でその世界を味わい、そこからいずれ子どもは自ら
本を手にとり読書の世界へと広がりをみせるのだときいています。

読書好きの夫をみれば、その世界観は羨ましいものがあり
息子たちにも、この血は引き継いでほしいなぁと常々思います。
そんな我が子に、どれくらい絵本の読み聞かせができているかといえば
とても優秀な母親とは言えません。
せめて保育園の絵本の貸出日には、子どもと一緒に絵本を選ぶ楽しさ
絵本を大切に扱い、その世界を一緒に感じる
そんな時間を大切にしたいと思っています。

絵本を一緒に楽しみながら、
大人目線と子ども目線の違いに驚かされたり
子どもの発見に気付かされることも多く
決してこの時間は子どものためだけでなく
私自身のためなのかもしれないと思います。

今日はのびのびさんの貸出日。
職員室を訪れる子どもたちの「しつれいしまーす」の元気な声。
お父さんやお母さんと一緒に絵本を選ぶ嬉しそうな笑顔。
今夜は絵本の世界を親子で楽しんでほしいなぁとその姿を見送ります。

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?