MENU

過去の理念ブログ

毎朝のお楽しみ

2013/02/21

私の毎朝のお楽しみは、
お当番の子どもたちが今日の出席人数を伝えに
職員室を訪ねてくれることです。

「しつれいします!」の元気な声と同時に職員室の扉が開かれます。
「人数を伝えにきました!!
きらきら組の今日のお休みは○○ちゃんと○○くんの2名です
のびのび組は・・・
わくわく組は・・・」と続きます。

2月に保育室の移行が行われてからは
きらきら組の人数は、きらきら組の日直さんが、
ぐん・わく・のび組は、わくわく・のびのび組のお当番さんが
毎朝職員室へ伝えに来てくれます。

以前は、人数の伝達は職員が事務的に行っていましたが
今年度から子どもたちのお当番活動の中に取り入れて
職員室の前には厨房にも立ち寄り、
その際は、はぐ・るんのお部屋から伝達するようにして
小さい子どもたちにとっても、また大きい子たちにとっても
刺激を受けあう場として取り組んでいます。

出席人数となれば33名など大きな数字になり
まだその数の把握が難しい子にも
欠席人数の把握は10までの数字がほとんどで理解しやすく
「○○ちゃんは今日は休んでいる」という欠席のお友だちの把握は
子どもたちにとってはお手の物。

職員室で、お休みしている子の顔写真を頼りに
「○○ちゃんはお休みです」と丁寧に伝えてくれる
その態度は、とても立派です。

緊張している顔、ドキドキしていたり
心細そうだったり、いつもとは違う声。
でも自分の役割をやり遂げようとする立派な姿勢。
毎日違う子どもたちの違った様子が見られて
とてもうれしい瞬間です。

一人ひとりにとっては毎日でなないこの役割も
何回かの経験の積み重ねが大きな成長につながっていることを感じます。
子どもたちの力って本当に素晴らしい。

最初はお部屋に入るマナーもお構いなしだったのが
今では、お当番の時以外の今日の絵本貸出日のような時にも
入室の際は「しつれいします!」
退室の際には「しつれいしました」とかっこいい挨拶。

そんな子どもたちの姿から
大人の私も、気持ち良い挨拶を心がけようと励まされます。

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?