MENU

過去の理念ブログ

実習生

2013/08/26

保育園には、年間多くの実習生が来園します。

中学生や高校生の職場体験・インターンシップ
看護学生、医大生の実習
栄養士を目指す学生の給食管理実習
そして保育者を目指す学生の保育実習。

たくさんのお兄さんお姉さん先生とふれあう子どもたち。
どの出会いも大切な出会いであり
その一つひとつを丁寧に対応する職員。

今は、保育実習Ⅱで3名の学生が来園しています
今年2月に保育実習Ⅰをしらゆきで過ごした3名です。

前回は、様々な年齢の子どもたちを知ることをメインに
いろんなクラス(チーム)に入ってじっくり観察、
そして、保育園の一日(7:00~19:00)を知るために
早番から延長まで色んなシフトを体験する、
といった2週間でした。

今回は、きまったクラスを中心に、
より実践的な保育を体験する2週間です。

実習中、子どもたちをじっくりみつめていると
色んな発見があるようです。
毎日提出される「実習日誌」には
とても細かく子どもたちの姿や保育者の様子
そして留意点が記されています。

その実習日誌を細かく丁寧に目を通し
質問に答えたり、アドバイスしたりするのは
現場の職員です。

この回答やコメントには本当に感動します。

日々の保育に加えての作業には
頭も時間も相当使っていることと思います。

けれど、心のこもった一言ひとことには
子どもたちへの愛情、そして何より
これから保育者を目指す学生へのエールが感じられます。

職員の言葉には
保育者であることの重みと同時に
子どもと共にあることの尊さがあふれています。

いつか、3名の学生が現場に出て
子どもたちと共に過ごすようになったとき
このしらゆきでの4週間が
とても良い時間であったと振り返ってもらえる日がきて
その先、また次の人へと、この想いがつながっていく日がくれば
何よりうれしいです。

副園長 原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?