MENU

過去の理念ブログ

あぁ夏休み

2014/07/31

全国的に梅雨が明け、明日から8月です。
学校は夏休みで、普段はみかけない昼間の時間帯にも
児童や学生の姿がみられます。

息子も今は夏休み。
働く親にとって、長いお休みは少々悩ましいものですが
せっかくの夏休み、親子で思い出に残る時間をと思いながら
一日一日の過ぎることの速いこと・・・
親子で・・・がなかなか実らず、
申し訳ない気持ちもありながら、親の気持ちはよそに、
毎日自分のやるべきことを楽しんでいるように映る彼に感謝する日々です。

つい最近、
「お母さん、ぼくはどうしてここに生まれてきたのかなぁ」と尋ねられました。

普段、そんなつぶやきを聞かない息子に、
一瞬にして色んな背景を想像して少々構えてしまった私。

そして、
『ここ』って
我が家?それとも鹿児島?日本?この時代?・・・
『?』がたくさん浮かびながら

「どうしてだろうね~」とつぶやき返すと
「誰かのお役にたつためかなぁ・・・」と彼。

あぁ、この答えは、普段の親の会話が
彼にそう植えつけたのかなぁ・・・と少々複雑な気持ちに。

けれど、その後の会話から
自分が生きていること、生かされていることを
シンプルに不思議だなぁと思ったということがわかりました。

彼の深層心理がどのようなものかは、
まだまだ親として理解が及んでいない気もしますが、
改めて、子どもは親の生き方をしっかり見ていることを感じ、
私はそもそも何のために、何を大切に生きているのか
自分自身が向かい合わなければ・・・と思ったのでした。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?