MENU

過去の理念ブログ

東京研修

2014/08/30

東京での研修は、全国から主に理事長や園長が参加しました。
研修は、保育園見学、講演、実践報告、意見交換会など
2日間にわたり盛り沢山です。

全国の実践報告では、
みんなこんなに真剣にやってるんだなぁ・・・
(いえ、私だっていつも真剣なんですけれどもね)
すごいなぁ~楽しそうだなぁ~
ワクワクするなぁ~
そんな風に取り組んでもいいな~
そんな考えもあるか・・・などなど
自分の細胞が刺激され活発化するような感覚を覚えました。

全国の実践報告とは、各園の報告に限らず、
各都道府県や地域での学び合いや、その取り組みについての報告です。
鹿児島での取り組みも一応報告させていただきました。

今年度、ここ鹿児島市の南部で日頃からお世話になっている
竹之迫保育園さん、おひさま保育園さんと一緒に
3園で研修に取り組んでいます。
子ども主体の保育を実践する、その理念を共有しながら
互いの保育を見合い、気付きを伝え合い、交流を深めています。

これまでも職員の行き来はありましたが、
今年度は計画的に各保育園を見学する日程や
そのふりかえりを行う日程を3園で調整しました。

例えば、1つの保育園で345歳児を中心に見学する日を設け、
他の2園より345歳児担当の職員が訪問し、
見学、意見交換を行うという感じです。
研修の時間は朝9時~16時くらいまでです。
保育園の朝の様子から夕方の様子まで、じっくり見学します。

できるかぎり、各園のその年齢を担当する職員(チームの職員)
全員が見学し、共通理解を持てるよう
見学日を各園2~3日設け、別れて見学に出かけています。
保育園は、開園時間の朝7時~夜7時までをシフト制で保育しているので、
研修の時間の確保は、いつも難しい問題です。
ですが、それぞれの保育園で計画的に調整し合うことで、
何とか日程を確保しています。

その調整は、みんなで知恵を出し合ってということになりますが
それを園長・主任の会で行っています。
そして、各研修を終えた後は、ふりかえりとして
園長・主任で意見交換を行っています。

まだまだ始めたばかりの3園合同研修なので
細かなふりかえりを通して、
これからの取り組みに活かせればと考えています。

何より、みんなで考えたり、みんなで取り組んだりということが
一つの園での気付きや発展だけで終わらず、それを共有することで
より豊かなものになるのだなぁと実感しつつあります。

園長も含め、職員同士は同じ地域ということもあり
何だか親戚のような関係でよいお付き合いをさせていただいて
その関係も、取り組む楽しさにつながっているように感じます。

そして、最終的にそれら全てが子どもたちへ還元されていきます。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?