MENU

過去の理念ブログ

長崎研修2日目

2012/04/25

今日の講義が終了しました。

たくさんのインプットに
アウトプットが上手くできるかどうか…

幼保一体化の概要にはじまり、
人類史上から見る「保育」と題された講義では、
私たち人類はどのように進化し現代まで生き延びてきたのか、
その生きる力の真髄を次の世代につなげて行くことこそ「保育」
という保育の深さを実感しました。

たくさんの学びがありました。
人間は、複数の人が関わり育てるべきものであること、
共感することから学ぶ生き物であること、
文化的動物であり、
文化とは個人ではなく集団で育まれるもの
などなど、たくさんのキーワードを必死にメモしました。
今、日々行っている保育がそれらを実践できる環境に
なっているだろうか、とブログを書きながら思っています。

今、しらゆき保育園でも子どもの集団の中の育ちを大切にした
保育を行っていますが、
子ども自身が、自分でできること、できないことを自覚し
できないことは人にお願いする、
自分の役割を知り、他者に頼ることも知る、
それこそが自立であり、社会を生きる力だと
再確認しました。

無事に研修2日目を終えようとしています。
新しい出会いや学びがとても楽しいです。
明日もがんばります!

副園長原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?