MENU

過去の理念ブログ

学生の感想から

2014/09/03

先日、保育者養成校に通う1年生、約20名が来園しました。

保育士資格や幼稚園教諭免許の取得には
様々な実習を要しますが
そんな実習もまだ始まっていないこの時期に
保育園ってどんなところ? 乳幼児期の子どもたちってどんな感じ?を
まずは観察を通して感じてもらう一日でした。

簡単な挨拶のあと、
フリーの職員が今年度のしらゆき保育園をスライドで紹介します。
スライドの中には、今年1年目の職員が作成した「各チームのみどころ」も
またまた上映されました!

少し保育園をイメージしてもらった後で
2グループに分かれて園内を見学・観察。
ちょっとその前に三年番茶で水分補給、ほっと一息。
(このお茶おいし~♪と見学中に何度も休憩する人も^^)

いよいよ保育室へ。
どんな風に環境を設定しているのか、
子どもたちの発達に沿って見てもらえるよう
説明しながら各部屋を回ります。

全保育室を回ったあと
もう一度じっくり見たい場所などを
自由に見学してもらいます。
そして、昼食の様子を見て見学は終了。

その後、各グループで感想を伝え合うふりかえりを行います。
毎回、人それぞれ気付きや感じることは違いますが
素直な感想にドキッとさせられることがあります。

今回の感想の中で、
「先生たちは仕事をしているように感じなかった。
子どもはもちろん大人も楽しそうだった。
0歳から6歳まで何だかよく分からないが一体感を感じた。」
という感想がありました。

7月はじめに行った園内研修で、
仕事=業務
働く=人の為に動く(人の役に立つこと)

有能=一人で万能
有用=みんなの持ち味を生かす

それぞれの違いを知りました。

一人ひとりの個性・能力を活かす、
有用さで保育していくことを目指す保育園へ。
働く幸せはそこにあるはずで
個性や能力を認め合える保育園になりたい。
そんな風に思っています。

そして、0歳から6歳までの連続性を大切にした保育も
何年もかけてずっと取り組んできていることであり
今年はさらに、職員みんなで園全体のことを共有し
園全体で保育を展開することを実施しています。

業務ではなく、働く幸せを優先したいと思っていること、
園全体の一体感を大切にしたいと思っていること、
それらが伝わっているようでとても嬉しかったのです。

それもこれも、職員みんなで取り組んでいる事。
やっぱりうちの先生たちはすごいな~
改めてみんなと一緒に働けることを誇りに思うのでした。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?