MENU

過去の理念ブログ

長崎最終日

2012/04/26

昨夜は遅くまで全国から集まった先生方と
熱く保育を語り合い、各地の保育を知り
たくさんの学びがありました。

最終日の今日は、
世界の保育について改めて学習し
その中で、私たちは日本の保育をどのように
捉えていくべきかを考えました。

特にこれからは、日本が先進している
乳児からのつながりとしての幼児教育や
きちんと発達から捉える保育を大事に
それらを発信していかなくては、
ということでした。

学び合いは、ワクワク・ドキドキ。
保育の話はどうしてこんなに楽しいのでしょう 、
そこに志を同じにする仲間がいて
三日間の研修はとても充実していました。

まだまだ課題はありますが、
明日からもまた保育園で
実践を深めていきたいと思います。

副園長原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?