MENU

過去の理念ブログ

朔旦冬至

2014/12/22

今日は冬至ですね。

今年は普段の冬至とは違い、19年に一度訪れる「朔旦冬至」にあたるそうです。

これは新月と冬至が重なる日で、月の復活と太陽の復活が重なるということで

特別におめでたい日とされてきました。

また、冬至と言えば、かぼちゃや柚子湯。

これは、運を呼び込む前に厄払いをするためのみそぎであったり、

柚子は実るまでに長い年月がかかるので

長年の苦労が実りますようにとの願いも込められているとのこと。

私たちの暮らす日本には、趣深い風習がたくさんあり

自然や季節と共存していることを感じることができます。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?