MENU

園のこだわり

きらきら組のクッキング保育~スイートポテト作り~

2019/11/22

職員室チームの山下です。

きらきら組のクッキング保育スイートポテト作りに参加しました。
ふだんと違ってワクワク感をもっていることが
子どもたちの会話の弾み具合から感じられました。

まずは、さつまいもを洗う皮を剥くと進み
ピューラーで剥き終わったさつまいもを見て
「バナナみたい」「ふとっちょバナナだ」と
子どもらしいつぶやきが聞こえました。

次は、包丁を使ってコロコロに切ります。
切りやすいように、細長くしましたが
それでも指をきらないかと心配でした。
力が入りすぎ思うように切れず、ノコギリのように包丁を
動かす子もいてヒヤヒヤの連続でした。

切ったさつまいもを鍋で茹でる時、暑いお湯にさつまいもを入れるため
お玉を利用してお湯に入れるようし、「ゆっくりね、優しくね」
と声掛けをしますが、バシャっと入れてお湯が
飛び散ることもあり慌てました。

さつまいもが茹で上がる時間を利用して
砂糖を60グラム、生クリーム70グラムを軽量器で測り準備します。
この時、この場を仕切る子がいて任せるとちょうどにしてくれます。

作業が進み、茹でたさつまいもをつぶす時「マッシャー」の名前が覚えられず
「マカロニ?」「マントヒヒ?」と、マのつく言葉をあげた子どもたちに
思わず笑ってしまいました。

その後は、軽量した砂糖、生クリーム、バニラエッセンスを少々入れ
よく混ぜ合わせたものをアルミカップに入れ
アーモンドと黒ゴマでトッピングして出来上がりました。
アーモンドに焦げ目がつく8分間ほど、厨房のオーブンで焼き
熱々を食べて至福のひとときのようでした。

一番楽しかった事は、さつまいもを潰したことが多く
難しかったことは包丁を使ったことでした。
今回は、調理器具を使うことも多く切る・茹でる・潰す・混ぜると
作業工程も多くありましたが、子どもたちはとても楽しんでいました。
特に、茹でたさつまいもの最初の味見、次に混ぜ合わせたものの味見
密かに砂糖を舐めたりと味見は嬉しかったようです。

軽量した砂糖をひっくり返したり、ゴムベラで混ぜ合わせるとき
力加減が分からず飛び散るアクシデントがあったり
熱々のさつまいもが、子どもの手の甲に落ちて火傷の心配をしたりと
様々な出来事がありました。

大変なことが多々ある中でのクッキング保育、エプロンと三角巾を片付ける際に
「おいしかったね」「楽しかったね」と子どもの声が聞けて
次のクッキング保育、みそ汁作りを頑張ろうと思いました。

 

真似をしたり関わったり・・・

2019/11/21

わく・のび・きらの福田です。

朝の時間はぐんぐん組のお友だちとすごしたり、

過ごしやすい気候になったため全クラス共に

園庭あそびをしたりなど異年齢との

関わる機会が更に増えてきました。

朝の時間ではぐんぐん組の子が

お兄さん、お姉さんのあそびに興味を持ち

パズルであそぶ姿が見られました。

また製作ゾーンでは・・・

折り紙の本を見ながら

見よう見真似で折り紙を折っていました。

年上の友だちの姿から刺激を受け

「遊びたい、してみたい。」

と強く思う気持ちが伝わりました。

 活動時では・・・

年下のお友だちに関わろうとしたり

一緒に遊んだりする姿が・・・

 

 ぐんぐん組のお友だちと一緒に

滋眼寺公園へコスモス畑を見に行ったわくわく組。

その日から少しずつ年下の子に興味を持ち

積極的に関わったり、手伝おうとしたりしています。

これからも異年齢で過ごす中で

様々な関わりや姿を保護者の方々と

共有することができればと思います。

園のこだわり

2019/11/20

療育チームの東村です。
先日、おたのしみ会が行われました。
おたのしみ会に向けて、子どもたちが話し合いを進めながら
楽しく取り組んでいる姿が沢山ありました。
当日に至るまでの取り組みの中でたくさんのエピソードや過程があり
当日の出来栄えよりも日々取り組んできた過程が大切だと感じます。
日によっては参加出来たり、気分が乗らなかったり
まして当日、大勢の前で何かを表現することは大人でも難しいことす。
台詞のタイミングがなかなかつかめず劇ごっこに参加できない日もあったH君
おたのしみ会を控えた前々日に”音響係”を担当することを自ら決めました。
全員が舞台の上で表現できなくても音響を担当することは一つのを作り上げる上で
大切な役割である事、そしてそれも一つの表現法であることを
H君を通して気付かされました。
おたのしみ会当日
舞台横でキーボードを使って効果音を演出するパフォーマーのH君は輝いていました。

「しらゆきこども園は一人ひとりが輝くこども園です」
一人ひとりの違いを受け止め、信じ合い楽しむことを大切にしています。

まさに園のこだわりに出会えた出来事でした。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?