MENU

園のこだわり

楽しみだな♪

2020/01/24

お食事チームの押川です。

 

1月17日・24日は、のびのび組のクッキング保育を行いました。

今回は「ピザづくり」を実施したのですが、始まる前から楽しみにしていたようで、エプロン、三角巾をキレイに身に着け、準備万端でした。

その様子を見て担当させてもらう私自身が、ワクワクしていました☆彡

 

各チーム、誰が何をするのか、どの順番でしていくのか、を自分たちで相談をし、一つ一つの工程を丁寧に進めていました。

 

工程を進めていく中で、、、

特にチームのカラーが出ていたのが、具材の盛り付けをするときでした!

慎重に一つずつ盛り付けをしていくチームもあれば、大胆にすべての食材を使い切りぐらい沢山盛り付けをするチームなど様々でした。

 

各自苦手な食材などがあると、お友だちのことを考えて、量を少なく盛り付けをし皆が美味しく食べれるようにと優しい姿も見受けられました。

 

出来上がるまでの時間が待ち遠しかったようで、「あとどれぐらいかかるのー!」と、とても楽しみに待っていました。

 

出来上がったピザを見ると、「美味しそう!」「早く食べたいな」などワクワクした様子で、

皆で「いただきます!」をし、さっそく試食をすると

笑顔を浮かべ食べていました!

自分たちで協力して作ったピザはとても美味しかったようで、

「もっと食べれるのにな!」ととっても満足した様子でした❤

 

そんな子どもたちの姿を見て、気持ちが温かくなる一日でした。

 

 

 

 

チャレンジ精神!

2020/01/23

わくわく・のびのび・きらきら組の大平です。

冬の寒さにも臆することなく、戸外で遊ぶことが大好きな子どもたち。

先日も元気に園庭あそびを行いました。

4歳児の男の子からのリクエストでボルダリングを開放すると、

「やりたい、やりたい!」と、どんどん子どもたちが集まってきました。

 

まずは、リクエストした男の子がトップバッターをつとめます。

以前にも経験しているので、「ここが難しいんだよな」「前はこっちに足をかけたから・・・」など、思い出しながら登っていき、見事ゴールへたどり着きました。

次に挑戦する男の子。

始める前は自信満々で、「簡単でしょう。」と言っていたのですが、2段3段目ほどから、「あれ?むずかしいな・・・」と眉間にシワが寄りはじめました。

イメージしていたよりも力がいるし、高かった、と後で反省していました。

ここで凄いのが子どもたちです。

一回の失敗で諦めず、列に並び直して再チャレンジ。

しかも、周りの子どもたちと次に向けた作戦会議を行う万全ぶりです。

作戦会議を経て、ワンチーム(!?)になるとボルダリングに上っている間にも、「○○くん、頑張れ!」「右足をオレンジに変えてみたら?」「そこだよ!力いっぱい!!」と周りから声援がとびます。

 

子どもたちが、難しい物事にチャレンジできる背景には、友だちに認められる嬉しさや、周りが見守っていてくれる安心感が大切なのだと感じます。

今回は残念ながら、半分ほどでリタイアとなりましたが、周りに味方が沢山いたことで、その表情はとても晴れやかに感じました。

「つぎは成功するぞ!」と意気込む頼もしい姿も見られました。

これからも周りからパワーをもらいながら、チャレンジ精神旺盛に、たくさんの経験を積んでもらいたいと思います。

山公園へお散歩に行きました!

2020/01/22

わくわく・のびのび・きらきら組の齊野です。

今日、保育室が移行してから初めてのお散歩に行きました。

天候が悪くなかなか行けなかったので子どもたちは、この日を楽しみにしていました。

帰りのお集まりで明日ももしかしたら雨が降るかもしれないと子どもたちに伝えると

「雨が降りませんように!」「てるてる坊主作らないと!」

と心配していたので雨が降らずに本当に良かったと思いました。

 

きらきら組はわくわく組、のびのび組はぐんぐん組と手を繋ぎ、山公園へ出発!!

グリーンベルトを歩いている時にぐんぐん組の男の子が、

「(山公園まで)まだ?遠い、疲れた。」

と歩くスピードが遅くなってしまいました。

すると、一緒に手を繋いでいるのびのび組の子が

「ほら、もう少しだよ!もうちょっと!」

と励ます姿がありプラスな声掛けをしていて感心しました。

山公園へ着くと遊具で遊んだり園から持ってきたボールでサッカーをしたりフープで遊んだりそれぞれ友だちを誘い楽しんでいました。

でも、やっぱり子どもたちの一番の人気は山登りです。

ぐんぐん組の子もわくわく・のびのび・きらきら組の子に負けないくらいどこを通れば登りやすいか考えて登る姿が見られました。

山のてっぺんには、枯れ葉がたくさん落ちておりそれを上に投げ枯れ葉のシャワーに喜んでいました。

山公園には、他にも自然物がたくさんあり、まつぼっくりやシロツメクサなど手一杯に拾いポケットにつめていました。

時間いっぱい遊ぶことができ満足気な様子の子どもたちでした。

こんな遊び方もあるんだ、こんなこともできるんだとぐんぐん組の子にとっては良い刺激になったようです。

これからも園外へ出る機会を設け寒さが吹き飛ぶくらい元気いっぱい体を動かすことを楽しんでもらいたいです。

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?