MENU

園のこだわり

5グラムのおにぎりに込められた思い

2015/12/02

6月にS先生が知り合いの方から頂いて植えたお米
植えた場所はペットボトルやポリバケツ
お米作りは初めての挑戦でした。

S先生は夏の暑い日はお水をせっせとあげ      
お米の花が咲くと子ども達に「ほら、これがお米の花よ」と知らせたり
実った稲穂にスズメが食べに来ないようにスズメよけを作ったり
愛情をたっぷり注いできました。

いよいよ黄金色になった稲穂

鎌ではなく工作用のハサミでの稲刈り

IMG_1578

 

 

 

 

 

精米も保育園で子ども達が出来るものを調べ
すり鉢と軟式ボールを使っての精米

一粒の米が床に落ちると
「あ~みんなで育てた大切なお米」と言いながら
一粒のお米を拾っていました。

そんなS先生の思いを子ども達はちゃんと感じ
精米の途中でお米が落ちると

「もったいない もったいない」と拾う姿もありました。

 

先日みんなで育てたお米(玄米)をおにぎりにしました。
それも皆に食べて欲しいS先生の思い
獲れたお米÷子ども達の人数=5グラム

 

IMG_1865 IMG_1866 IMG_1870

 

 

 

 

 

6か月の長い期間お米の成長をずっと見守り続けたS先生

お米の成長を肌で感じた子ども達

5グラムのおにぎりにはいろんな思いが込められています。

「おいしいね」

「ポップコーンの味がする」「おかわりある?」

子ども達のつぶやきからS先生の思いは伝わり
私まで嬉しくなるお米作りの出来事でした。

 

わくのびきら 東村

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?