MENU

園のこだわり

僕たち私たちの、○○○!

2015/12/08

9月頃から、園庭には1メートルぐらいの板とコンテナを置いています!

その道具を見た子どもたちは、さっそく自分たちの遊びに取り入れていきます。

自分の体より大きい板を二人がかりで運び、

体の大きい子どもは一人で持っていく姿がちらほらみられますよ^^

そして、持っていく先は様々…

園庭の隅や、築山のトンネルの中、遊具の中など

子どもたちの中では、どんな遊びをしているのか聞いてみると

 

女の子「お店屋さんだよ」

男の子「隠れ家!!」

 

と、女の子と男の子では考えも遊び方もそれぞれ!

 

女の子たちの会話を聞いてみると…

Nちゃん「○○ちゃん、白粉が足りないからケーキが作れないわっ」
    (急に忙しい感じをだして、あたふたしだす。)

Rちゃん「まって、すぐ持ってくるから」
    (どや顔を決める!)

Kちゃん「はやく、お客さんよばないと!いらっしゃいませ~‼」
    (遊具をメガホンにしてお客さんを呼び込み)

Aちゃん「なんだろ?すみませ~ん。おいしそうだわ」
    (なれた手つきで、店を見る)

 

と、女の子ならではのお店屋さんごっこ!

お皿や、コップ、草、砂などを上手に使って、ケーキやお菓子などを作ります。

子どもたちの中でいろんなレパートリーが増えていくので、大人もびっくりしちゃいます。

そして、大人の会話を色々耳にしているからか、様々な会話が飛び交っています^^

 

 

男の子では…

Kくん「おい、○○くん!これ預かってて、俺今から旅にでるから!」
   (始まってからの、いきなりの展開!)

Tくん「うん、わかった!」
   (すぐに理解してくれる、頼もしい子)

Rくん「もう、眠くなってきた…、ばいばいきーん」
   (まさかの、眠ろうと横たわる子)

Hくん「おい、仕事しろよ!はたらけ~~~~」
   (だらだらと、くつろぐ友だちに叫ぶ子)

 

と、男の子ならではの設定が繰り広げられています。

男の子らしい、忍者や戦隊ものなどが一番に多いですね^^

スコップや、バケツ、大きな箱などを持って来ては、宝箱にしています!

 

 

遊びの道具が、一つ二つ増えるだけでどんどん遊びが増えていく姿を見て

子どもの可能性はすごいなと感じました。

また、子ども同士の会話大人に負けないぐらい楽しそうにしているので

ついつい聞き入ってしまいます。

やっぱり、子どもって面白いですね♡

 

                                           わく・のび・きら 下豊留

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?