MENU

園のこだわり

子どもの気持ち

2016/02/05

2階わく・のび・きらのお部屋に
「いまの きもちは どんなきもち?」と
表示する感情表現パネルのコーナーがあります。
そのパネルには「うれしい」「かなしい」「おこっている」とあり 
朝登園したら 子どもたちは自分の顔写真の
マグネットを置きます。

時々 どうして?(うれしいのか かなしいのか おこっているのか)
を子どもたちに尋ねると なるほどと納得したり
「そうだったのね」と気持ちに 寄り添うことができたり
吹き出しそうになることもあり 子どもっておもしろいなぁと
思ったりします。

2月からは ぐんぐんの子どもたちも 感情表現パネルに
自分の顔写真のマグネットを置くようになりました。
ひとりの男の子に どうしてうれしいの?と尋ねると
「朝お母さんからガムをもらったから」としっかり答えてくれました。
朝からガム?と思い 保護者の方と話をすると ガムはフッ素が入った
歯みがきのガムであることがわかり 保護者の方と話すきっかけにも
なったりします。

きらきらの中には 朝園に来た時はうれしい 
午後になると友だちとカンカしておこっているに
置き変えて今の気持ちを表示する子もいて
一日の中で気持ちが移り変わることに気づかせられます。

3階ランチルームには 味覚を表示するパネルのコーナーも
あります。おいしい・おいしくない・あまい・からい・にがい
すっぱいに食後 顔写真のマグネットを置きます。ほとんどが
おいしいを表示している中に あまいがあり尋ねると
カミカミ大豆サラダの中においもが入っていたからと
答えた時には驚きでした。

子どもの気持ちや考えを引き出すのに
感情表現パネル・味覚パネルは役立っています。
子ども一人ひとりに寄り添うことができたらと思います。

 

                主任 山下

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?