MENU

園のこだわり

実感!!

2016/02/09

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」

と言われるものですが・・・

1月は、あっという間に行き、

2月も数日が逃げました。

 

そのような中、きらきら組が就学へ向け

単独クラスになり、生活しています。

「待っていました!!」と・・・

子どもたちはもちろん、

私たちもいろいろな遊びを準備しました。

 

将棋、ボードゲーム、指編み、ゴムアクセサリーなどなど

「あっ!それやりたい!!」

「一緒にしようよ☺」

「楽しいね🎶」

「見て~、できた✰」

と、友だちとの関わりは深まるばかり。

反面、卒園を意識した子どもは、

早くも寂しさを感じる子もいます。

RIMG6347                            

 

 

 

RIMG6344        

 

 

気付いたいろいろな気持ちを

心の奥底に、そっと閉まって、

残りの園生活を楽しんでほしいと思っています。

それにしても、心も体も本当に大きく成長しています(*^^*)

 

 

話は変わりますが、我が家でのこと。

急遽、テレビを買い替えることになり、

夫と息子二人がリビングで設置に取りかかろうとしています。

夫が私を見て

「見てみろ!」とのアイコンタクト。

 

これまで、電化製品や家具など

すべて親任せだった息子二人が、

夫を頼ることなく、二人で設置し始めたのです。

 

「大きくなったな~!」と 

食事の準備をする私に

小声で話しかけてきた夫。

いつの間にか、親を頼らず追い越していく時が来るのだと

しみじみ感じた瞬間でした。

(嬉しさ半分、寂しさ半分!)

 

 

そして、きっと保育園の子どもたちにも

そのような瞬間が訪れるのだと思いつつ・・・

時の流れを止めることはできません。

後戻りもできません。

改めて、その時その時を

大切にしていきたいと心から思いました。

 

わくのびきら  青屋

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?