MENU

園のこだわり

ぐんぐん 24の心の引き出し

2016/05/12

「ママがいいっ。」
朝のママとのお別れに涙するお友だちに
「〇〇ちゃんおはよう」と声を掛けてくれます。
「あそぼう」と別のお友だちも声を掛けてくれます。

でも・・・
「ママがいいっ」
涙が止まりません。

おもちゃ箱のふたをトレーのようにして様々な種類のおもちゃをのせて
「どれがいい?」とお友だちの前に運んで差し出します。

「イヤッ。ママがいいっ」

「・・・」(困ったな)
頭をヨシヨシ。

「ママはねぇー。おしごとなんだよ」
「ねぇー」「ねぇー」
お友だちは顔と顔を見合わせて

「あそんでねぇーごはんたべてねぇーねんねしたらおかあさんくるよ」
「ねぇー」

どうしたら泣き止んでくれるか小さな体で一生懸命考え、おぼつかない会話で
解決策を練っています。しばらくすると何事もなかったかのようにそれぞれ
遊び始めました。

言葉で伝えられる子、相手の気持ちがわかる子、つられ泣きする子、頭をヨシヨシしてくれる子
言葉がなくても寄り添ってくれる子・・・。ぐんぐん組には、たくさんの心の引き出しがいっぱい
あります。

今、少しずつ言葉も会話らしくなってきてお友だちの気持ちも分かりつつあります。
ごっこ遊びでのルール、こんな時どんな気持ちだった?どんな気持ちになる?
みんなで遊ぶ楽しさ、協力して遊ぶ楽しさをこの1年でいっぱい経験してほしいです。
十人十色、ぐんぐん組の一人ひとりが持っている素敵なパワーをどんどん引き出して
いけるような環境づくりに努めたいです。そして、子ども同士の輪が広がり笑顔いっぱい
涙、喧嘩もOK!心身共にぐんぐん成長してほしいと思います。

最後になりましたが、この4月より新しいお友だち3名仲間入りして24名のぐんぐ組。
日々のお友だち同市の関わりの深さに胸キュンしながら、私自身も久しぶりの2歳児チーム
にワクワクしています。
きっと若返ると思います(笑)

一年間どうぞよろしくお願いします。

                        ぐんぐん組 牛垣

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?