MENU

園のこだわり

目と目で会話♪

2016/06/17

5月の体育あそびから、組体操の練習を一生懸命
頑張っているきらきら組の子どもたち(^^♪
練習をすればするほど、子どもたちが上達していく
姿が見られて一緒に練習するのも楽しいです。

先日、こんなことがありました。
組体操の練習をしているときに、ある男の子Sくんと
女の子Yちゃんが2人技で苦戦していました。
2人でお互いの呼吸を合わせるだけでも、大変ですが
お互いが片足を持ち合ったり、バランスを取らないといけないので
みんな必死です(^^ゞ

SくんとYちゃんは何度練習しても、太鼓の音に間に合わなくて
先生と目が合うとしょんぼりしてしまいます。
そこでみんなに「苦手なお友だちのために、少し太鼓を
長めに叩いても良いかな・・・?」
とたずねました。
すると、「だいじょうぶ!!」「みんながんばろ~!」と
みんな答えてくれて、一番嬉しかったのが
「みんなは1人のためでしょ!」と
常に練習するときみんなに言っていたことばが
聞こえてきて感動しました。

それからの練習も一人ひとりの目が、本当に輝いていて
逆に子どもたちからたくさんの勇気をもらいました。

SくんとYちゃんもみんなのために、倒れても・倒れても
何度もやり直して頑張っていてその頑張りは、自然と結果に
繋がっていきました(#^.^#)

そして、昨日の2回目の予行練習・・・
実際に鉢巻もして、緊張感もすごく感じられる中
子どもたちの気持ちもすごく高まっていました。

「きらきら組、入場~!!」「や~~~~~!!」
元気のいい掛け声とともに駆け出してきました。
1人技を終えて、2人組み・・・
心の中で「みんな大丈夫だぞ!」と願っていると、
苦戦していた技を一発で決めることが出来ました。

このとき、SくんとYちゃんと目が合って、
Sくんからは「先生!できたよ!」というのが伝わってきて、
Yちゃんは目が潤んでいました。
組体操中は、子どもたちが色々なことを
目で語りかけてくれます。
思いと思いを目と目で語り合う♪
子どもたち、こんなことができるくらい
成長しているんだと改めて感じました。

運動会まで残りわずか・・・
子どもたちと最後まで頑張り抜こう!!そう決意した
昨日の予行練習でした。
子どもたちを信じて頑張ります!
本番をぜひおたのしみに~(*^^)v

わく・のび・きら 柏木

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?