MENU

園のこだわり

子どもが育つ魔法の言葉

2016/08/04

今日は、最近私が出会った

お気に入りの一冊のご紹介です。

昔、雅子さまも読まれていたという

有名な一冊なので、知ってる!という方も多いかもしれません。

「子どもが育つ魔法の言葉」は

「子は親の鏡」という有名な詩を書かれた

ドロシー・ロー・ノルトさんが

詩の解説をしている本になります。

 

この本は約20年前に出版されたもので

私の母の持ち物です。

私や妹、弟が生まれる度に読んでいたようで

詩の書かれた張り紙が家に貼ってあったことを

子どもながらに読み、覚えています。

「もうねぇ、すっごく子育てに悩んでいたから、

 何度も何度も読み返したのよ!」

と笑っておすすめしてくれました。

 

詩「子は親の鏡」には

大人がどのような接し方・心持ちでいれば

子どもがどのように育つのか、感じるのかが

19の項目で書かれています。

本では、その項目一つひとつに

どのような思いが込められているのか

子どもの姿の例も載せて書かれていました。

 

保育士として日々子どもたちと接する毎日。

時にはバタバタと余裕の無い日もありますが、

この本はそんな自分を省みる

良い機会になっています。

また、優しさの伝わる文面に

ほっと一息つく時間をもらってもいます。(^^*

これも保育士としての勉強と考え、

自分の心磨き、頑張りたいと思います!

 

※著作権の関係で詩の内容を詳しくは

 載せられませんが、インターネットで

 紹介されてるようなので

 気になる方は是非♪(^^*

 

はぐはぐ・るんるん 大平

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?