MENU

園のこだわり

24時間テレビを観て感じたこと

2016/09/06

 先月、27・28日に24時間テレビを見られた方も多いと思います。

 不慮の事故で足が麻痺した11歳の男の子が富士登山を成し遂げ、
生まれつき右腕のない少女が遠泳リレーに参加したり、病気で顔半分を
失った少年が懸命に生きている姿が、又落語家の林家たい平さんが100キロ
マラソンに挑戦し、無事時間内に武道館に辿り着く様子をハラハラしながら
観ました。

一人では、成し遂げられないことも、周りの応援のおかげで、無事成功し
生きる力になったことは、本人はもとよりテレビの前の皆も頑張れる活力を
もらったことと思います。

また、この番組を通してたくさんの募金が集まり、障がいを持った人や高齢者の
ために使われることを願っています。

人々の善意にも感動し、自分には何ができるのか考えさせられる番組でした。

                    職員室 小牟禮

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?