MENU

園のこだわり

可愛い約束♪

2016/09/29

ある日のこと、ブロックで一緒に遊んでいたMちゃんとAくん。

仲良く遊んでるなぁと思ったら、何とも可愛い会話が聞こえてきました。

 

Mちゃん「Aくん、Mのことがすき?」

Aくん「うん、すきだよ」

Mちゃん「じゃあ、MはAくんと、けっこんする!」

Aくん「AもMちゃんと、けっこんする!」

 

何とも無邪気な可愛い約束に思わず笑ってしまいましたが、
その会話を他の子どもたちも聞いていたようで、
次の日には別の子たちが「けっこんしよう」「いいよ」という話しをしていて、
その次の日、また次の日と約束は広がっていき、
ぐんぐん組の中で、仲の良い子と結婚の約束をするのが一大ブームとなっています。

ここまでなら可愛いエピソードで終わるのですが、
先日、思いもしなかったやり取りを聞いてしまったのです!

最初に登場したMちゃんとAくん。その日は2人でままごとをしていました。

すると、何やら口喧嘩をしている雰囲気が…。
どうやら「貸して」「貸さない」の言い争いをしている様子です。

(…仲良しさんだけど、どうするのかな?)と思いながら見守っていたら、
痺れを切らしたMちゃんが大きな声で言い放ちました。

 

「もうっ、Aくんとは、けっこんしないんだからっ!!」

 

(そうきたかぁ…)と、ちょっと微笑ましく思っていたら、Aくんも負けじと言い放ちます。

 

「ぼくだってMちゃんとは、けっこんしないっ!!もう、ひとりでいきていくもんっ!!」

 

これには、思わず大笑い!「1人で生きていく」なんて台詞が
3歳児さんから出てくるなんて思ってなかったです。

私の笑い声に2人はキョトンとしていました(笑)

子どもって本当に良く見ています。
良いことも悪いことも、全部を吸収してしまうんですね。

お友だちとの会話や保育士との会話、
お父さんお母さんの口癖、
CMの曲だったりアニメのセリフだったり、
子どもたちはビックリするほど覚えています。

日常生活で聞いた言葉が
遊びの中にポンッと自然に出てくるのも3歳児ならではで、
それが時にこんな面白いやり取りになるんだなぁと改めて思いました。

 

ちなみに「けっこんしない」と言っていた2人ですが、
この前「けっこんしよう」「しようね」と仲直りしていました(笑)
仲直りできたようで良かったです♪

 

ぐんぐん  中村

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?