MENU

園のこだわり

子どもと子ども

2017/01/25

寒波襲来・・・月曜日は桜島の山頂にうっすら雪化粧が見えました。
冬生まれの私ですが寒いのが大の苦手です。
この季節になると、私の背中にはカイロがペタッと・・・
もうこれは手放せません。ジンワリと体が暖まり活力になっております。
でも、時には日中気温が上がりすぎて背中がカイロでカチカチ山のように
燃えてしまい・・・日々の気温チェックは私の必須です。(笑)

 

そんな私と違い、ぐんぐん組の子どもたちは元気いっぱい!
体を動かすのが大好き、外遊び大好き!

 

先日珍しく、ぐんぐん組だけで園庭で遊んだ日の出来事です。

K君とMちゃんが普段はきら・のび・わくのお兄さんお姉さんが
使って遊んでいる板や瓶ケース入れを運び始めました。
ヨイショヨイショと一生懸命運んでいます。
その表情は目が輝き、口元はニヤッと緩み、
何かが始まる予感が見て取れます。

P1260656 

 

K君は運んだ瓶ケースを並べ、台のようにMちゃんは板を敷き詰め
瓶ケースを一つ横に倒し、そこへ靴を入れました。

また一人二人と何だ何だ・・・と集まってきて
誰も何も言っていないのに靴を脱ぎ、
倒してある瓶ケースが靴で一杯になりました。
中には靴下まで脱いで入れる子もいました。

P1260665

 

隣では、K君が並べた台にHちゃんがお店を開店していました。
アイスクリーム屋さんです。恥ずかしがり屋のHちゃんですが、接客してます。
そう言えば、サンタさんからアンパンマンのアイスを作る玩具が
届いたと言っていました。
その玩具のせいでしょうか。手つきは慣れたものでした。

P1260658 

 

次々に子どもたちだけで遊びが展開されることに驚きです。
それぞれの子どもが主役になって目をキラキラ輝かせて遊ぶ姿は
日常の異年齢保育での「子どもと子ども」の関係の中から
学びあっている力の大きさを強く感じ、
それをぐんぐん吸収している子どもたちの成長をも感じました。

もうすぐ、ぐんぐん組はわくわく・のびのび組の部屋へ移行します。
大きな集団への仲間入りです。たくさんの刺激が待っていると思うと楽しみです。

わくわく・のびのび組さんよろしくね。

 

                         ぐんぐん組   牛垣

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?