MENU

園のこだわり

名台詞

2012/06/06

私が毎日、保育園のどこかで耳にする台詞!
「先生、見てて!!」
きっと家庭では、
「お母さん(お父さん)見てて!!」
だと思うのですが…。
この言葉には子どもの精一杯の思いが詰まっていると思います。

例えば保育園では、これから得意のうんていに挑戦する時…

自信があり、大好きな人に見ててもらいたい。
そして、褒めてもらえるかもという、期待感。
同時に、できた時の達成感を一緒に味わってほしいという願望。
あるいは、自信はないけど見ててくれたら頑張れる!
という意欲へ通ずる気持ち。そして、何より得たい安心感★
こんなに短い台詞なのに、子どもの胸の内に秘めた複雑な思いがあります。

あるテレビドラマの一場面が印象に残っています。

<昔を思い出し>
木登りをしている女の子をお父さんがケガをしないか心配して見守り、
「早く降りてこないかなぁ~と思っているのに、 反対に高く登って行ったじゃないか。」
と、お父さん。
それに対して女の子は、
「あの時、お父さんが見ててくれたから、もっと上へ上へと 登っていけた。
見守ってくれているという安心感から 無茶もできたの。ありがとう❤」
というような台詞がありました。
(こんな台詞でも最近、歳な私は涙がポロッ!とこぼれてしまいます)

子ども達は常に自分の思いを素直にぶつけてきます。
そして子どもは、親や保育者
(子どもと信頼関係があり、何より愛情を持って見守ってくれる人)
が見ていてくれるという安心感があれば、 前へ前へと進んでいけるのかもしれません。
そう思えば、短い台詞でも保育園では幸せな気持ちになる名台詞!

「先生、見てて!!」

「もちろん、ここで見てるわよ!」
どんな時も、そう答えてあげたい❤❤

きっと自信と安心感を持ち、もっともっと成長して輝くだろうから…

太陽 青屋

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?