MENU

園のこだわり

小さな成長、大きな喜び

2017/09/13

お食事チームの本田です。

朝晩が涼しくなり、季節はすっかり秋ですね。

4月から半年が過ぎ、子どもたちの成長を日々感じます。

 

離乳食だった子が、今は完了食となり上手に手づかみ食べをしています。

食事を前にし、全身を使って喜びを表現している様子は何とも言えず、

私たちお食事チームのパワーとなっています。

 

はぐはぐ組・るんるん組さんはおかわりをするまでに大きくなり、

4月はたくさん残っていたおかわりのお皿も今はまっさらになってかえってきます。

おかわりがもっと欲しかったと保育士さんから声がかかることもあるほどです。

 

ぐんぐん組さんはお食事を準備された席に座ることから、

汁とお水以外の食事は自分でトレイを使って運べるようになりました。

またごはん茶碗も先週より、両手マグから取っ手なしのお茶碗へ変更しています。

これからどんどんたくましく成長していくぐんぐん組さんから目が離せません。

 

以上児さんになるとセミバイキング形式で給食を配膳し、

毎日、子どもたち一人ひとりに自分の食べれる量を伝えてもらいます。

4月では「いっぱい」「全部いっぱい」と伝え、最後まで残り、泣きそうな声で、

「もうおなかいっぱい」「このお野菜嫌い(だけど、いっぱいを選ん)だから食べれない」

と発言する子をたくさん見ていました。

ここ最近は、以上児さんみんなが適切な量を選択し、

お友達と一緒にごちそうさまが出来るようになりました。

 

日々、少しずつ心も体も成長していく子どもたちに目を向け、

その喜びを子どもたちと共に分かち合いたいと思います。

 

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?