MENU

園のこだわり

おたのしみ会を終えて・・・

2017/11/29

ぐんぐんの竹です。

子ども達が楽しみにしていた
おたのしみ会!

保護者の方だけでなく、
祖父母の方やたくさんの、
お客さんに見守られて、
子どもたちは舞台に立ちました。

いつも通りの言葉で表現したり、
緊張したり、見てもらえる
うれしさから、いつも以上に
元気な姿が見られたりしました。

 

おたのしみ会が終了後の月曜日
登園してきた子どもたちだけでなく
保護者の方とお話したり、
連絡ノートでおたのしみ会での
お子さんの様子をさらに
共有することができました。

たくさん褒めてもらいましたと話す
お母さんの横で、照れながらにっこり
うれしそうに笑うTくん。

その最中に横を通りすぎるNちゃんに
Tくんのお母さんが、とってもいい笑顔
でしたねと声をかけてくださいました。

自分のお子さんだけでなく、お子さんと
同じクラスのお友だちの姿も見守って
くださっていたことが伝わり、
私までうれしくなりました。

ぐんぐん組では、朝のお集まりから
おたのしみ会の話をすると
「楽しかった!」
「ドキドキした!」
の声が聞かれ、おたのしみ会の
舞台でうたった歌をうたったり、
絵本劇で使用した帽子をかぶり
舞台で登場した役とは別の役や
お当番さんになりきると、
おたのしみ会を体験したからこそ
「また舞台に行きたい!」
との声が聞かれました。

おたのしみ会までの経過、
おたのしみ会当日の体験
おたのしみ会を終えてからの
これから!!

子どもたちがどんな表情で
どんなことを表現していくのか
楽しみになったと同時に
この経験から、次のステップへ
これからも成長していく
子どもたちが頼もしく見えました。

 

 

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?