MENU

園のこだわり

節分

2018/02/02

はぐはぐ・るんるん組の柏木です。

今日2月2日(金)は節分の日でした。

今年の節分を通して、自分の心の中に潜む弱さに

気付いて打ち勝つ強さを育んで欲しいという思いで

行事を進めていきました。

昨日から「鬼来るかな・・・」「明日お休みする?」と

不安を口にする子も多く、

きらきら組の子どもたちは、「鬼はエレベーターから来る!」

「いや、テラスから来るぞ!」「トイレに隠れてるかも・・・」

とお互い意見交換しながら実際に来た時をシュミレーションして

備えていました(笑)

今日の朝、登園する子どもの中にはすでに泣きそうな子も

いましたがそんな子に対して「大丈夫だよ!」

「中には先生が入っているだけ!」と励ます子もおり

子どもたちなりにこの危機を乗り越えようと助け合う姿に

とても感動しました。

10:00から節分がスタートし、「豆まき」を歌ったり

「鬼のパンツ」を踊って楽しい雰囲気から節分の由来や

意味、どうして豆まきをするようになったのか等の話を

進めていきました。子どもたちも、クイズや寸劇を交えて

話をすることで鬼のことを忘れて興味津々で聴いてくれました。

的当てゲームを楽しみながら遊んでいると・・・、

扉が「ガラガラ!」とうとう赤い大きな鬼がやってきました。

子どもたちも「えっ!!」とビックリした表情。

多目的ルームは大パニック(笑)

ですが、鬼に負けないと必死で豆をぶつける子どもたち!!

大泣きしても、鬼に負けたくないと頑張る子どもたちを鬼に変身して

見ていて、強く・頼もしく成長していると感じました。

鬼が退散しても、中々落ち着かない子どもたちですが

「帰って行ったね!」「やっつけたね!」と自信に繋がった様子で

私のねらいでもあった、「自分に打ち勝つ」ことが出来たのかなと

思います。

これから、1ヶ月半できらきら組は卒園し小学校へ

他のクラスの子どもたちはそれぞれ1学年進級します。

就学・進級する事への楽しみや期待の方が強いかもしれませんが、

就学・進級する事でぶち当たる壁も確かにあると思います。

そんな時に、今日のような「自分に打ち勝つ強い心」を

持つことで乗り越えられることも増えてくると思います。

まだまだ小さな命ですが、子どもたちは日々大きく成長しています。

そんな子どもたちをこれからも支えていきたいですね!

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?