MENU

園のこだわり

移行してからの子どもたち

2018/02/16

わくわく・のびのび・きらきらの吉山です。

 保育室の移行に伴い、子どもたちの様々な発見
があります。
ぐんぐん組の子どもたちは新しいお部屋に、気に
なるものばかり。

子「先生。かめさんがいるよー」
保「エサあげようか」
子「えー。あげたいあげたい」
保「食べるかなあ。お口の近くにあげてね」
子「できたよ」「すごいねー」

子どもたちは興味津々でお部屋のかめさんにご飯をあげました。
嬉しそうに食べる様子を見ていましたよ。

IMG_0838

男の子が大好きなマグフォーマーでは、お兄ちゃんたちが
「ここにこうするんだよ」と教えながら、すごいものを
作っていました。教える姿や、しっかり言うことを聞いて
仲良く遊ぶ姿に成長を感じます。

IMG_0857

絵本を一緒に見る姿に、いつからそんな仲良しになったのかな、
と聞きたかったです。先生に見られると、恥ずかしくなって
逃げてしまいました。

IMG_0858

こうした関わりを通じて、異年齢での関わりも増え、ゾーン遊びの中で
遊びが広がってきました。
のびのび・わくわく組の子たちは、年上ということもあり、
ぐんぐん組のお世話に大忙しです。そのため、不安があった
子どもたちも自然と大きな集団の中に入ることができました。

これからもお世話してもらいつつ、自分で出来ることを
増やし、日々を過ごしてもらいたいです。
また、新しいお部屋での関わりを通して、ぐんぐん組の子どもたちは
新しいことにどんどんチャレンジして欲しいです。

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?