MENU

園のこだわり

おなかがすいた  食育活動

2018/02/19

職員室チーム 山下です。

先日、きらきら組のクッキング保育 

カレー作りに参加しました。

段取りよく進み、煮込みに入り

子どもたちカレー粉を手に待っていると

あれ?・・・煮え立っていた鍋が静かになり

IHコンロの電源が消えていました。

 

3つのIHコンロを同室で使用したため

ブレーカーが落ち、急遽

りんごチームはIHコンロと鍋を

345歳児の部屋(ICカード設置近く)へ

運び、煮込みを再開しました。

 

すると、たくさんの見物人が集まり

「熱いから触らないでね」と約束すると

危険であることを理解でき、りんごチームが

座っている間や後ろから興味深く見ていました。

 

カレー粉を入れて混ぜるとカレーの匂いが漂い

あたりに感じられると「おなかがすいた」の声が

聞かれ「はやくたべたい」と感じたままの声ありました。

 

見物人の中にはぐんぐん組の子どもたちが

かなりいました。2歳児の食育活動を

もう少し考えたいと思いました。

そして、この日子どもたちの様子を見たり

言葉を聞いたりする中で、調理過程を

目の前で見ることは

「おなかがすいた」「たべたい」と

生きる力に繋がり、食育活動の土台だと

強く思いました。

たくさんの食育活動の経験ができるよう

考えていきたいです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?