MENU

園のこだわり

積み木の水族館

2018/04/19

はじめまして。
4月からしらゆきこども園で一緒に過ごさせていただいています、
わくわく・のびのび・きらきら組の鶴迫です。

まだまだ慣れないことも沢山ありますが、
少しずつ、子どもたち一人ひとりの姿やお友だちとの関わりが見えてきて、
今日はどんなことがあるのかな?と、毎日朝からわくわくして来ています。

ある日の自由あそびの時間、
積み木ゾーンであそんでいる男の子たちがいました。
そこにはいろんな年齢の子たちがいて、お話しながら水族館作りを楽しんでいます。
すると、笑顔であそんでいたそのグループから、急に言い争う声が聞こえてきました。
どうしたのかな?と耳を傾けていると、
わくわく組の子は、みんなで作っていた水族館の「魚をお出かけさせたい」と
いくつか手に取っていて、
それをのびのび組の子が慌てて「なくなるから持って行かないで」と止めているようでした。
それぞれに思いがあり、どちらも譲れずにいる状況です……。

するとそこに、きらきら組さんの一言。
「じゃあ、散歩させてさ、戻ってきたら?」
その言葉に、2人の険しかった顔が一気に和らぎました。
そうしよう!とわくわくさん、
まあ・・・ちゃんと戻ってくるなら・・・。とのびのびさん。
それからは、散歩のほうが楽しくなり、積み木ゾーンの緑のマット全体を海に見立てて、
みんなで魚を泳がせてあそんでいましたよ。

 年上のお友だちに甘えたり、
 周りのお友だちのことを気にかけたり、
 年下のお友だちが困っているのを助けたり。
それぞれに思いがあって、色んな関わり方を経験しながら仲を深めているのだな、と
感じた出来事でした。

これから沢山、子どもたちの関わりあう姿や成長を見守りながら、
一緒に楽しい時間を過ごしていきたいと思います。
よろしくお願いします。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?