MENU

園のこだわり

今日のはぐるんさん

2018/06/20

はぐ、るんの町口です。

今日は絵本の読み聞かせがありました。

るんるん組の子どもたちは、手遊びが始まると楽しみにしていた子も
それまで何が始まるんだろう?とそわそわしていた子も、手遊びを
じっと見たり、真似をして一緒に口ずさみ手を動かしたりする姿を
見せてくれました。

知っている手遊びはもちろん、知らない手遊びにも興味津々で、それは
とても真剣に絵本の先生がする手遊びを見て、聞いていました。

手遊びも楽しみ、いよいよ絵本の時間です。
今日はるんるん組の子どもたちは今の季節にピッタリの、梅雨に関する
絵本を読んでもらいました。

絵本が始まると、それまで手遊びを楽しんでいた子どもたちも、今度は
絵本に釘付けです。ページがめくられるのを今か今かと待っている子、
集中して絵を目で追っている子、楽しくて読み手の言葉を繰り返し、
一緒に口ずさんでいる子、それぞれ一人一人が自分なりの楽しみ方で絵本
の時間を楽しんでいました。

はぐはぐ組の子どもたちはその頃、保育者と一緒にふれあいあそびをし
たり、車や音のなるおもちゃ、ボール等自分の好きな玩具を見つけて遊
んだりしました。

最近は、一人で座れるようになった子、ずり這いができるようになり
自分の好きな玩具を追いかけたりたくさんお部屋を冒険している子、
一人で立ち上がり、保育者のいるほうへ足を前に出して、4~7歩歩ける
ようになった子など、4月からまだ2か月ですが子どもたちの成長が目に見
えるようになりました。

入園当初は保護者と離れて寂しさから泣いていた子も、まだ一人で座れず
保育者のそばで寝て遊んでいた子も、一人一人の成長がとても嬉しく思う
毎日です。

お迎えに来たお父さん、お母さんにその日の子どもの様子やその日できた
ことをお伝えすると、
「そんなことができたんだ」「実は家でもこんなことをするんですよ」と
お家での様子を教えてくださります。
一緒に成長を喜ぶことができるのはとても嬉しいですね。

また、今日は一日保育士として、るんるん組の子のお父さんとお母さんが、
はぐはぐるんるんのお部屋に来てくださりました。
シャワーのお着替えを手伝っていただいたり、保育者となって子どもたち
と一緒に遊んだりしていただきました。子どもたちも嬉しそうにおもちゃ
を持っていったり、一緒にご飯やおやつを食べたりして、喜んでいる姿を
見せてくれました。

一日保育士を通して園での子どもの様子を知っていただいたり、連絡帳や
お迎えの時に子どもの様子を共有したりして、これからも子どもたちの成
長を見守り、どんな小さなことでも、みんなで喜んでいきたいです。

明日も、子どもたちのたくさんの笑顔が見られるように元気いっぱい頑張
りましょう!

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?