MENU

園のこだわり

スキルアップ

2018/06/21

療育チームの竹です。

今年度、保育教諭としての
幼稚園免許更新講習や
研修に参加させていただく
機会があり、貴重な学びと
自分の振り返りの時間と
なっています。

その他にも保護者として
娘の小学校保護者向け研修
では、保護者同士の情報共有
が同じ子育てをする母親同士
の共感があり、励みとなって
「よし!また明日から
がんばろう。」と元気を
もらいました。

このいくつかの学びの時間で
私が保育教諭として、
母親としても心に響くお話が
ありました。

「生きる力を育む
  これからの学校教育」
という講義の中で内沢逹先生
より・・・

子どもの「ために」ではなく
子どもの「立場で」考える

子どものために!が大人の
都合になっていたり、大人の
考えを押し付けていることが
ありませんか?

ルソーの言葉にも
「子どもの言いなりに
なってはいけないが、
逆らってもいけない」
とあり、その子にある
事情を理解しようとする。
言い分や事情はおかしなこと
があるが、言い返さず
「それで?」と続きを聞き
時間がゆるす限り聞く。
子どもの気持ちに逆らって
言い争いをしない。

この話を聞いて、子どもの
ためにと思って言葉にして
いることが、大人の自分の
思いを強く押し付けていた
場面や、大人の都合があった
ことを反省しました。

子どものためと思うなら
子どもの立場になって
考えることを意識して
いこうと思います。

そして、今後も参加できる
学びの機会で自分自身の
スキルアップを目指します。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?