MENU

園のこだわり

愛情を感じて

2018/06/29

ぐんぐん組の大平です。
昨日、運動会予行➁も無事終わり
子どもたちが心待ちにしている運動会まで
約1週間となりました。
子どもたちは、
「うんどうかいのうた」を歌ったり、
園庭で友だちとかけっこをしたり、
お部屋で集まり組体操を確認してみたりと、
色々な場面で運動会を楽しみにしていることが伺えます。
応援旗もその一つです。

今、園では各クラスに応援旗が飾られています。
「運動会、がんばれ!」という
お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん・・・
様々な人たちの愛情がこもった応援旗。
子どもたちはふとした時に応援旗を見上げています。

01歳児。言葉が出なくても、
自分の応援旗を見つけると、指を指したり
「あった!」と顔を輝かせます。
23歳児。自分の応援旗をお友だちに紹介。
「お父さんが作ったんだ!」
「ママがかいたの!」「みてみて!!」
と、とても誇らしげに伝えていました。
45歳児。自分のだけでなく、友だちの応援旗も
見て回ります。
「〇〇ちゃんのかわいいね。シールがきらきらしてる。」
「△△くん、いつもよりかっこいい顔してる!」
「□□ちゃんの目はもっと丸いよね。」などなど・・・
さすが、しらゆきこども園のお兄さん、お姉さんたちは
細かい所までよく観察していました。
思わずクスッと笑ってしまう会話もちらほらです。

とても楽しそうに応援旗を見上げる子どもたち。
やっぱり「1番」は、大好きな人たちが描いてくれた
「ぼく・わたし の応援旗!」なのでしょうね。

運動会当日、会場には全園児の応援旗が集結します。
たくさんの人たちの愛情を感じて
子どもたちがどのような姿を見せてくれるのか、
今からとても楽しみです。

IMG_5746

IMG_5723

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?