MENU

園のこだわり

ひとりでできるもん

2018/07/04

ぐんぐん組の下原です。

「自分でする」「自分でできるよ」

三歳を迎えるこの時期、

一人でできることがたくさん増えています。

春先には「せんせい、して?」「○○くん、して?」と

手助けしてもらっていた子どもたち。

この数ヶ月でも大きな成長を見せています。

おうちでは出来ないことが、こども園で出来ると

それが励みになって自信をつけ

「おうちでも頑張っています」と聞くと

とても嬉しいです。

 

トイレでの排泄「できたよ」

オムツやパンツ、ズボンの着脱「できたよ」

手を洗って、拭いて、という一連の流れを少しずつ

意識しながら、最小限の声掛けをして見守っています。

 

戸外へ行く際、靴下を履くことを

泣いて「できない」と訴えていましたが

要領を得ると「できた」と満面の笑顔です。

帽子や靴を履くこともそうですが、

大人がしてあげることは簡単。

本人のためにも、ていねいに声をかけながら

“出来る自分”を目指してもらいたいです。

 

Tシャツやズボン、靴の前後左右の間違いもあったりしますが、

間違いに気付くことで「あってるかな」と確認しながら

意識して履けるようになることを目標にしています。

今後も、子どもたちが自分で出来ることを増やしていけるよう

子どもたちの中のやる気をつぶさない声掛けを心がけて

見守っていきたいと思います。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?