MENU

園のこだわり

療育だより

2018/08/02

療育チームの東村です

 

療育の7月のプログラムで

パン粉粘土、スライム、寒天遊び、色水遊びなど

五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)をフルに使った

遊びを楽しみました。

 

第2の頭脳と言われる手のセンサーをたくさん働かし

ドロドロ、ベタベタ、ネチョネチョ、サラサラ、冷たい

などいろいろな感触に触れ、遊びを重ねるごとにダイナミック

に遊んだ子ども達でした。 

ドロドロ感が苦手、ベトベト感が苦手な子ども達もいますが

まわりのお友だちが楽しく遊んでいるのを見て恐るおそる触って

いくうちに「楽しい~」に変わっていく姿はとても嬉しいです。

IMG_5542    IMG_5589

 

昨日は5歳児の色水遊びの中で

園庭に咲いているオシロイバナの花や葉っぱを摘み

赤の花、緑の葉っぱをすり鉢ですり、色水を作りました。

自分で作りたい色をイメージし作っていく中で

「もう少し赤い色にしたい」と赤い花をたくさん入れたり

「緑の葉っぱをたくさん入れたらどんな色になるかな」と

試行錯誤している子ども達の姿を見ながら

以前研修で色々な物に触れ感覚遊びを経験すると

好奇心旺盛で「なぜ?」「どうしたらいいの?」など

考える力、新しい事にチャレンジする力が身につく話を思い出しました。

 

スポイトを使って水を入れている姿

出来上がった色水を眺めている顔

出来た色水をペットボトルに真剣な眼差しで移し入れている姿

まさに小さな科学者です

 

これからもいろいろな感触遊びを通じて小さな科学者が増えたら

いいなぁと思います。

IMG_5605   IMG_5596   IMG_5601

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?