MENU

園のこだわり

泡の不思議

2018/08/20

わく・のび・きらの鶴迫です。

暑い夏、水あそびや泡、寒天あそびなど様々な方法で楽しんできました。

 

ある日、プールやおけに作ったふわふわの泡であそんでいる時、

1人の子が泡の入ったおけに水をどんどん足し入れていました。

「水を入れたら泡が大きくなったよ!すごい!」と数人で喜んでいたのですが、

しばらく経つとその泡が少しずつ減っていってしまいます・・・。

そのことに驚き、「大きくなったのに消えちゃった!何で。」と

不思議そうに首をかしげる子どもたちでした。

 

そしてその日の給食の時間。

何気に手を洗った時に、ハッとした様子で話してくれた子がいました。

「先生、泡より水のほうが強いんだね。(手を洗う時に)流したら消えたよ。」と、

午前中の泡あそびの感覚を思い出しながら話しているようでした。

 

どうしてそうなるのかは分からなくても、経験したことから興味を広げ、

物事に対する理解を深めているのだなと感じました。

たくさん好きなあそびを楽しむ中で、試してみたり、時には失敗もしながら、

考える力を蓄えていってほしいな、と子どもたちのきらきらした表情を見ながら思った出来事でした。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?